« 風のたより VOL.774 | メイン | 風のたより VOL.776 »

2007-11-11

風のたより VOL.775

粋な女(ひと)

今週の喫茶部活動も無事終了、ワン達の散歩に行こうと外に出たとたん、ブルブルッと身震いした。風もかなり強く、デッキでは水仙の丘オーナーに貰ったペットボトルの風車が勢いよく回っている。釣りに出たいのだが、今夜も無理だなぁ。メバル、ガシラが釣れない。いくら異常猛暑だったといっても、もう海水温は下がり始めているだろうになぁ。メバル、ガシラが消えてなくなったわけでもあるまい。どこかに潜んでいるはずだ。いつか動き出すはずだ。その動きはじめに遭遇するため「釣れない、釣れない、つれないお方!」なんて古典的ギャグを喚きながらセッセと港に通うわけだ。

お昼前コマロ夫人から「今日はマレットゴルフ市長杯争奪戦なので、喫茶部には誰も行けません」と集団欠席届けがあった。4時までに、IZさん、MZさん(人形作家)と友人、SS夫妻が現れ、夫々ゆったりと会話が弾んだ。今日はこれで終わりかなというところに、欠席届のあったマレットゴルフ組、コマロ夫妻、ジュリー&花ちゃん夫妻、KBさんの5人現れた。市長杯優勝者はKBさん(推定年齢77歳)で、なんと3度目なんだそうな。KBさんは、全く歳を感じさせない活動的な女性で、週2回の卓球部も欠かさないし、麻雀は徹夜も辞さない。最近はしないが、ゴルフも達者ということだ。それに、彼女の料理は、一言でいうとプロ的だ。味はもちろん、姿形の美しい料理だ。遊びも家事も一人前以上にこなす、正に粋な女(ひと)なのである。「若い頃はさど綺麗やったやろなぁ」といえば「今も、綺麗わい!」と返ってくる。我郷は本当に人材豊富だ。ステキな先輩がたくさんいる。

これまで、仲間内では俺たち夫婦だけがマレットゴルフに参加していなかったのだが、前々から60歳になったら参加させてもらいますと言っていた。まだ遠い話だと思っていたら、女房は1ヶ月後の話だった。ということで女房のマレットゴルフ・デビュー日が全員一致(約7名)で決定した。誕生日当日12月14日(金)、おりしも赤穂浪士討ち入りの日、華々しく討ち入るといい!俺は、それから10ヵ月後のデビューとなる。

てなことと少し関係あるのだが、12月15日(土)から恒例の年末年始ご近所宴会集中月間に入るので、1ヶ月ほど喫茶部は休部します。さっき決めた。

コメント

>

最近の記事

ハルボン倶楽部のお友達