« 風のたより VOL.807 | メイン | 風のたより VOL.809 »

2007-12-30

風のたより VOL.808

別荘地の年末

PC修理人NS君は、約束の朝9時きっかりに現われた。「修理できました」と持ち帰っていた前のパソコンを抱えている。データーも取り出せたようで、年明け早々、ネット接続のとき入力してもらえそうだ。新しいパソコン代及び設置代、古いパソコンの修理代(ハードディスク交換)など、まとめて15万円支払う。正直、思わぬ出費はとても痛いが、こちらの要望にきちんと応えてくれたNS君には、とても感謝している。淡路島にもこんなプロフェッショナルがいることを誇りに思う。

先ほど(夕食前)、古いパソコンを自分でセットしてみた。セットといっても、本体とディスプレイ、キーボード、マウスを繋いだだけだ。おおっ、ちゃんと起動したではないか。俺もやるもんだ。少しいじってみる。当然ながら、ディスクには何の個人ファイルはなく、本体中身は新品同様ということなんだろ。これは女房専用になる予定だが、ドーなることやら。

008 でもこうして2台のパソコン、プロジェクターが並べば、なんだかマニアックな秋葉系おたくのような雰囲気になるなぁ。はははっ、パソコンのことはな~んも解らんオッサンじゃ!

さて時は戻って、11時かっきり、ジュリー&花ちゃん邸にいくと、もう全員集まっていた。さっき我が家に、岐阜から取り寄せたという栗きんとんのお菓子を届けてくれたペンションオーナー夫人もいた。彼女は郷外の人だが、思いっきりなじんでいるので、ここにいてもなんら違和感はない。

SS夫妻が持ち込んだ餅つき機もあり、2台並んでいた。最初つきあがったのは、なんと米のツブツブが残っていて、どう贔屓目に見てもお餅には見えない。まぁ、白い桜餅やなぁ。これは、もち米の中にうるち米1割混入してあったためらしい。年末で忙しいペンションオーナー夫人には、海平の郷で作ったものだとは言わない約束で持ち帰ってもらった。

以後の何の問題なく正しいお餅が次々につきあがった。丸めるのも、杵つき餅イベントの経験もあるので、みんな上手なもんだ。餡子餅、下し大根などで食べ、後は各自持ち帰り用の丸餅と小さなお鏡にした。それにしても、機械が蒸す間は、みんなテーブルを囲んで、巻き寿司をつまみ、馬鹿話をして待つ。蒸しあがりのブザー(映画館の上映開始ブザーのようで趣がある)が鳴ると一斉に立ち上がり、みんなで餅つき機を取り囲む。機械が自動的につきはじめると「おおっー」と賞賛の声を上げる。アホだ!

てなことで、定着しつつあるジュリー&花ちゃん邸の餅つきだが、来年はヨモギ餡子餅を作ることで意見一致、俺が研究部長となった。餅つき機でヨモギ餅は作れるか、1年かけて調べなければならない。経験のある人、教えてなぁ。

それにしても、この頃デジカメを持ち歩く習慣がなくなり、ほとんど画像のないブログになっている。すまん!明日は大阪でお正月。天(そら)のいる初めてのお正月、カメラを忘れる訳にはいかない。

さぁ、これからお正月用ローストビーフを焼きます。肉よりソースの方が難しいんだよね。

今年も余すところ、24時間と少々、年末年始を別荘で過ごそうと来る人あれば、親元やホテルで過ごすため出かけた定住者ありで、普段とちがう家灯りが点っている。別荘地にはそれなりの年末風景がある。

コメント

こんばんわ~
PCのデーター吸出し出来たようで、よかったですね
HDDは突然死する事があるので出来ればもうひとつ付けて、時々バックアップを取っておかれると安心ですよ

餅つき大会楽しそうですね~ 
我が家もお袋が元気な時は餅つき機でやってましたが最近は押入れの奥で寝たままです(^^;;
確かヨモギ餅もやった記憶があったのですが作り方は忘れちゃいました(ーー;)
いまネットで調べてみたらこんなのが…
http://relog.jp/masataka/entry_61407.html

天ちゃんとのお正月楽しんでくださいね~

こんさん、今晩は!

早速の情報ありがとうございます。
餅つき機があるなら、作ればいいのに。
楽しいよ!

明日は、淀川を挟んで、こんさんの住む街が見えるところで大晦日を過ごします。孫の相手をしながらの大晦日、楽しくなりそうです。
来年は、こんさんの長年の夢が叶う年になりますように!
楽しみにしています。