« 風のたより VOL.828 | メイン | 風のたより VOL.830 »

2008-01-20

風のたより VOL.829

みぞれ混じりの日曜日

昨日のブログで大失態。タクヤ君の弟が生まれたはずだ、1月11日生まれのぞろ目だ、めでたいなんて書いてしまったのだが、一週間前の日付を書いてドーするんだ。まことに相スマン!プータロー生活も7年になると日時の感覚が希薄なのだ。決してボケが始まっているとは思わないでもらいたい。俺の場合、生まれつきボケているので、改めてボケる必要がないのだ。それにしても、誰も指摘してくれないのはドーユーことだろう?間違い勘違い、誤字誤植は日常茶飯事、いまさら何ぬかしてんねん!というとこなんやろうなぁ。我ながら情けない。

今日は午後から、みぞれ混じりの雨様相となり、喫茶部は開店休業かなぁと思っていたら、多くはないが途絶えない程度に来てくれた。

阿万のHR夫妻が孫のレイ君(2歳)とやってきた。パパとママ(ノーマン&こずえ)は、お留守番なんだそうな。レイ君とは、英会話教室も含めたら20回は顔を合わせているのだが、やっと少し馴染んでくれたかなという感じで、今日も「ケンジ、ヨーコにいく」と言ってくれたそうだ。今日は本当によくおしゃべりしていたなぁ。何語で話すのかなぁと注目していたのだが、すでに日本語と英語を使い分けているようで、パパには英語、ママ、ジイちゃんバアちゃんには日本語なんだそうだ。それでも「ジイちゃん、だっこ。アップ、ダウン」となどと命令するんだそうな。元こわもて刑事もかたなしやねぇ。帰りしな、バアちゃんが「レイ、ケンジ、ヨーコにシーユーとあいさつしなさい」と言っているので、俺たちが先に「レイ! シーユー」と声を掛けると、少し首をかしげてレイ君は「またね!」と言った。俺達の発音があまりにもひど過ぎて英語とは認識できなかったのだろうが、まさに大阪漫才のノリやなぁと大受けしていた。金曜日のランチに行くのが2倍楽しみになった。

SS夫妻とマロ夫妻が、ほぼ同時にやってきた。そこで話題になったのが、先週書いたMT夫人の家出話だ。しかし、話が弾むうち、SS夫人も実家に帰ると、母親を座らせ、タンスの引き出しをあけ「これ要らないでしょ。捨てる!これはドーするの?考えるくらいなら要らない、捨てる」なんてことをやっていて、タンス一棹分空にしたそうな。しかも、選り分けただけじゃ捨てないかもしれないと、ゴミの集積所まで付いて行って捨てさせたんやって。SS夫人のお母さん、家出したかったやろなぁ。

ネット仲間のソルママも同じようなことで娘さんにやいやい言われ、家出したことがあるんやて。MT夫人の家出は、決して珍しいことじゃないんや!なんか大笑いしてスマンかったなぁ。明後日は、MTさんのところで、薪ストーブを囲んで御馳走になることになっているので、素直に謝っておこう。

コメント