« 風のたより VOL.816 | メイン | 風のたより VOL.818 »

2008-01-08

風のたより VOL.817

製造元

Tide 今朝、女房が「TIDEさんが新聞に出てるよ」と大声をあげた。「ええっ、さっき見てたんやけどなぁ」とみると、でかでかと載っているのだが、本名なんで気がつかなかったんや。まぁ、ネット上のハンドルネームが新聞には載らんわなぁ。

淡路島在住TIDEさんは、先月、一般公募のコンテストで立て続けに3つのデザイン作品が採用された。その一つが今日の新聞で紹介されている「神戸市花時計シンボルマーク」だ。ほかは「神奈川県立秦野総合高校の校章」「洲本市社会福祉協議会シンボルキャラクター」だ。これはもうラッキーではない、確実に力がついた見ていいでしょう。我ことのように嬉しい。だったら素直に「おめでとう」と声高に叫べばいいのだが、おめでとうは言わないと本人に告げた。このことを足がかりに、プロとして一本立ちしてもらいたいと願うのである。生業として成立させてほしいのである。とにかく、プロイラストレーター・TIDEさんに、注文依頼が来たとき「おめでとう、良かったね!」と握手したいなぁ。初ギャラで一杯飲ませてもらえたらうれしいなぁ。

今日、思いがけず宅配便が届いた。差出人は「岡山県・・・・ 佐藤○○」とある。そんな女性知らんよなぁと思いつつ、荷をほどいているうちに思い当った。「なんやソルママかいな」

009 TIDEさんもソルママもネット仲間である。しかし、お二人とも面識がある。TIDEさんは淡路島の人だから当然何度も顔を合わせているが、ソルママも遠路はるばる岡山から2度訪ねてくれた。しかし、会ってもTIDEさん、ソルママさんとハンドルネームで呼ぶため、一応本名は知っているがほとんど意識にないのだ。ソルママが送ってくれたのは手作り柚子ジャムと地酒だ。すぐにジャムを舐めてみたが、柚子の香りと甘さが丁度いいなかなかの優れものだ。手紙にあったとおり、湯に溶いて飲んでみたが、これもいけるねぇ。

001 005 問題は地酒である。ラベルには「建部のお酒 福わたり」とソルママの地域名が入っている。ご丁寧に「但馬杜氏・○○○○」の氏名まで記入してある。しかし「しぼりたて」のロゴになんや見覚えがある。そこでラベルをよく見てみると「千年一酒造株式会社 兵庫県淡路市久留麻・・・・」とあるではないか。2日の我が家での新年会では、このお酒を飲んでいたのだ。岡山県建部の地酒として売られたのに淡路島に戻ってきたらまずいんとちゃう?と問いかけたら、お酒は答えた。「ええねん、建部町で収穫したお米を淡路島の酒造元に運び、名のある但馬の杜氏も呼んで作らせたもんやねん。なんの問題もない。建部町と旧東浦町(現淡路市)は姉妹都市で、こんなことも可能になりましてん。まぁ、仲ようしましょ」やって!ほんまか?

そういえば、俺がよく淡路島のお土産に使う、室津の高田酒店「千夢酔」も、酒探偵団なるわけのわからん連中が、田植えをするところから始め、千年一酒造に製造委託している酒だ。

次男の彼女(沖縄出身)が「沖縄の実家から送ってきました」と持ってきてくれたお菓子をみて、淡路島の「お菓子館」に勤める近所のIZさんが「ドーしたん?これ。うちの会社で作ってもんやん」やって。これだけは内緒にしとかなアカンなぁ。みんな、ユーたらあきまへんで!

コメント

ありがとうございます\(^o^)/
光栄の行ったり来たりで、喜んでおります。
今年の目標に、いい弾みがつきます。

今年の目標・・・これは、私の胸の中にしまっておきます。
因みに、去年の目標は「少しでも絵で収入を」でした。

これで力量は証明されたんやから、これからは営業及び受注システムを作らんといかんね。
だれか担ってくれる人がいるといいんだけどねぇ。
奥さんはドーなんやろね。