« 風のたより VOL.825 | メイン | 風のたより VOL.827 »

2008-01-17

風のたより VOL.826

寒いね!

寒いね!でも「寒いね!」と言える相手がいる温かさを感じています。

天(そら)が入院した時は、たくさんの励ましの言葉をいただき、退院したら「よかったね。おめでとう」の言葉を同じだけもらいました。皆さんのお陰です。本当にありがとうございました。

この「皆さんのお陰で」とは、数年前まで只の常套句としての認識しかありませんでしたが、この頃はしみじみと実感を伴う言葉になっています。

7年前、誰一人知る人のいない淡路島に、無職無収入、肩書き信用実績何もない怪しい禿オヤジが移り住んで、果たしてやっていけるのかどうか不安でした。しかし、結果的にはたくさんの素晴らしい人たちと出会い、親しくお付き合いさせてもらうようになり、ここは人生の楽園と豪語してはばからないようになりました。淡路島にきて、初めてパソコンを触り始めたのだが、いつの間にかネット仲間もたくさんできました。

そして、昨年の今頃、初孫天(そら)が誕生しました。その時、たくさんのお祝いのメッセージを頂きました。ネット上では何年もお付き合いしているけど、直接会ったことのない人から、お祝いの品まで届いたりしました。

その時しみじみ思ったのです。一つの命は、親だけが育んでいるのではない、直接は知らぬ人も含めて、何らかの関わりある人たちすべての温かい目に見守られながら育くまれるのだと。

今回、天が入院し、医者に言われていた半分の日数で退院できたのは、この方々のお蔭なのだと素直に思えるようになったのです。目には見えないが、大きなパワーを送ってくれていたんだと実感しています。

改めて、天(そら)は、元気に退院しました。皆さんのお陰です。ありがとうございました。

今日は、阪神・淡路大震災記念日です。ここは当の淡路島ですし、我郷内には、震災後阪神地区から引っ越してきた人たちもいますし、別荘族の中にも被害にあった人たちがいます。たくさんの人から、たくさんの話を聞きました。その時は、おしゃべりな俺も相槌を打つだけで、言葉をはさむことはできませんでした。今日も、歯科医の待合室で震災の思い出話をしている人たちがいました。俺に何かできるわけではないけど、震災の様子を話してくれるなら、何時間でも聞いていようと思います。

話したい人がいる、一緒に食事する人がいる、誘いたい人がいる・・・そんなことが幸せな人生なのかもしれません。

今日は、本当に寒かったね!一緒に鍋でもどうですか?熱燗もつけまっせ!

コメント

寒い寒い?ブルブルのお散歩でした?*
昨晩降った雪はうっすら薄化粧?。
夕方のお散歩の時も、北側にはまだ残っているほど、冷え込みました(^_-*♪

淡路島も寒いよ!
さすがの俺も、夜釣りには出れません。餌はあるんだけどね。
あまり寒いので、外に出るのは諦めてゴロゴロしていたら、2時間半も昼寝してしまいました。
今夜眠れそうもありません。
そやけど、これは不眠症とは言わんなぁ。
今日はもう10時間くらいパソコンの前にいるんじゃないかなぁ。