« 風のたより VOL.852 | メイン | 風のたより VOL.854 »

2008-02-14

風のたより VOL.853

ガガガガッ

沖縄へ行くぞモード第四弾?ないない、モー厭きた。今日もいくつかそれ関係の用を足したが、モー書く気せん。沖縄には2,3度行ってきた気分だ。

建築中のお隣の建物は、ほぼ完成し家周り工事が始まった。斜面下にはコンクリートで舗装された平坦地がある。ここは向かいのTOTO保養所(安藤忠雄設計の建物として有名)建築の折、巨大クレーンを設置していたとかで、相当堅固なコンクリートだ。庭にでもするのか、2,3日前から削岩機で割り始めた。ガガガガッとすごい振動で我が家も揺れる。

このコンクリート地の端、畳2枚分くらいは我が家の土地だ。お隣のコンクリート地に立っている電柱を撤去するよう要請があり、我が家の2畳部分に引っ越してくることになり、その工事が今朝始まった。境界線を挟んで、お隣の業者がガガガガッ、関電の電柱設置工事がガガガガッ、喧しいことこの上ない。

ガガガガッから逃げるように奥井歯科クリニックに行った。考えたら、歯医者も小規模ながらガガガガッやなぁ。今日は、左上奥1本だけ残して、連続3本歯抜け部分に、やっとブリッジ装着の運びとなった。10分足らずで装着終了。医師は「きっと満足してもらえますよ」と自信満々だ。鏡にニッと歯を出して見る。部分入歯と違って留め金はないし、銀歯でもないので、いきなり男前になった。お昼ご飯にスパゲッティを食べてみた。久しぶりに左側で咀嚼した。大感激!装着して2時間なのにほとんど違和感なく、麺をかみ砕ける。おおっ、噛むことはこんなに楽しく美味しいことだったのか。

この部分には、虫歯、歯槽膿漏、歯茎の腫れ、今一合わない部分入歯と何十年にわたって苦しめられてきたので、この治療で10年もてば嬉しいなぁ。もう歯茎自体が老化して歯を支えることができなくなっていく年齢だ。固いものを噛まないなど、奥井医師の忠告を守って長持ちさせたいね。もう一本右上奥から2番目が抜けたままだ。まだまだ治療は終わらない。女房は今日で一応終了、しばらく一人通院が始まる。でも、ここは相変わらず律儀に予約時間を守ってくれるし、一回の治療時間も10分程度なので、長く通っても通院しているという感覚が希薄だ。こんな俺の感想が功を奏したのか、現在海平の郷住人6名が通院している。俺は優秀な広報マンかもしれない。

閑話休題

ワン達の散歩を終え、PCを開きBBS返信書き込みを始めたとき、女房がマレットゴルフから帰ってきた。

「今晩6時半から、マロ邸で緊急宴会やって!」

「今晩・・・と言っても、もう一時間もないやん」

ご近所宴会持ち寄り料理は俺の担当だ。急に言われても食材の用意はない。少し焦ったが、昼に作ったカルボナーラの材料なら一通りあるのを思い出し。20分で完成させた。俺もなかなかやるもんだ。

宴会の名称は「マロのマレットゴルフ市長杯優勝及びホールインワン祝賀宴会」だった。しかし、それが話題に上ることはなく、俺達の沖縄行きが肴となった。マロが「みなさん、沖縄土産は何がいいですか?ハイ、花ちゃん?」「私、ちんすこうがええわ」なんてことで、土産物リストが作成されていく。

ちんすこう、泡盛、沖縄もずく、サーターアンタギー、パイナップル、黒砂糖などなど、なんや10以上書いたったなぁ。俺は次男の結婚なんて構ってられない。リストを持って買い物に走り回らなければならない。がんばんぞー!

ん? やっぱし沖縄モードやんか!

コメント