« 風のたより VOL.853 | メイン | 風のたより VOL.855 »

2008-02-15

風のたより VOL.854

年金

明日は沖縄に出発だ。女房は、「それ以上きれいになってドーする」の声に送られて美容院に、俺は、両家を代表してお礼のあいさつ原稿をかく。普通にしゃべれば2分の内容だが、場の雰囲気によっては2か所ギャグを入れる用意もある。ここは大阪のオッサンやからしょうがない。沖縄の方言「チムグリサ」「ニライカナイ」も挿入した。受けるやろか?

それにしても、互いの家族だけの食事会が、俺達の知らないところで普通の披露宴になり、俺が最期を締めくくる挨拶をするはめになった。いろいろ思うところはあるが、兎に角、沖縄ではひたすらニコニコしておこう。

てなことで

16日(土)、17日(日)、18日(月)の3日間、当ブログはお休みします。

もちろん、土日の喫茶部もお休みです。

閑話休題

美容院から帰ってきた女房が郵便受けを覗いて、「おおっ、来てる、来てる」と叫んでいる。何かの応募景品が届いたのかと思えば、これが「公立学校共済年金決定通知」だった。この1年間に支給される総額が記されていた。実際には2ヶ月毎6回の分割支給なのだが、年金と言われる意味が初めて分かった。まぁ、それがドーしたなのだが・・・・

女房の年金額を見て、俺は全身がとろけるほど安堵感で一杯になった。それは、俺が52歳で退職を決めたとき試算した年金シュミレーションが、ほぼ正確だったからだ。つまり今後の生活設計のメドがついたということだ。後10ヶ月で俺も女房とほぼ同額支給される。もちろん、まだまだ、蓄えを切り崩す暮らしが続くわけだが、その額は年金分減る。さらに5年後には女房に国民年金が支給される。その10ヶ月後には俺に支給され、これで、夫婦そろって満額支給となる。この時点で、すべての蓄えが尽きても、とりあえず飢え死にはまぬがれる。最終的には最低限の暮らしが保証されれば文句ないと思っている。これまで、思いっきり楽しい人生を送ってきた。生きてるだけでまる儲けの、おまけ人生を楽しんだらよろしい。

さてこれから10ヶ月間の、正しいヒモ男人生が始まります。うれしいなぁ。

なんて幸せな気分で、沖縄に行ってきま~す。

コメント

おめでとうございます!
息子さんのご結婚! \(^_^)/ばんざーい
副支配人さんのヒモ男人生スタート! \(^_^)/ばんざーい
両方とも羨ましい限りです… 
我が家は長男・次男揃って未だに家に居座り、親のスネをかじっております。
え? お前もやろって? 
ハイ! 嫁様のスネを3人の大男がかじってま~す(^▽^;)

沖縄往復の道中のご安全をお祈りしておきます (-∧-)

こんさん、今晩は!

無事帰ってきました。
結婚式も滞りなく終えることができました。
また、ブログを覗いてやってください。

奥さんのスネは齧りがいがありそうですねぇ。