« 風のたより VOL.854 | メイン | 風のたより VOL.856 »

2008-02-18

風のたより VOL.855

ハルボン倶楽部 in 沖縄

先ほど、無事、沖縄からけーって参りやした。

044 当初は家族顔を合わせ程度の食事会と聞かされていたが、実際は人前結婚式&披露宴という地味ながらごく普通のものだった。会場も結婚式場だし、花嫁さんはウエディングドレス、息子はタキシード姿で記念撮影もあった。会場では、花嫁花婿入場からはじまり、誓いの言葉、指輪交換、花婿が花嫁にキスなんてことまであった。聞かされていた話とは違うが、漏れ聞く中である程度予測はついていた。複雑な思いもあるが、まぁいいか。兎に角終始ニコニコしていようと決めてやってきたのだ。

041 それにしても会場の雰囲気は堅く、キスの場面ですら冷やかす者もなく淡々と進行する。俺は、両家を代表して参列お礼の挨拶をするように言われていた。当然最後だと思っていたらこれが最初の方で、原稿は役に立たず「あやや、もがもが、ふがふが、なんださかこんなさか」と言って終わった。

049 056 花嫁さんの従姉妹(2名)が、沖縄舞踊のプロで、衣装を取り換え3種の踊りを舞ってくれた。これは圧巻だったが、依然として会場は固まっている。俺は、どこかで一気に動き出し、沖縄の素朴な陽気さでお酒を注ぎまわり、歌えや踊れのどんちゃん騒ぎになると思っていたのだが、一向にその気配はない。

062 しかし、会場に賑やかな音楽が流れたかと思うと、さっと数人が飛び出し、テレビで見たことのある踊りが始まった。俺達も引っ張りだされ踊りのまねごとをする。花嫁さんはじめ、沖縄の人は流石にみんな様になっている。全員で輪を作る感じになり、その中に一人勢いよく割って入り踊る、去ると次の人が入ってくる。

おおっ、これだこれだ、沖縄の宴会はこれからじゃぁ!俺だっていざとなったら裸踊りくらいやりまっせ~とテンションが上がりかけたところで、音楽が止まった。おおっ、さらに新展開か!と思ったら、全員何事もなかったかのようにさっと席に戻り、座は元通り固まった。この間3分ほどだった。俺はきょとんと立ちすくんでいた。それほど見事な引き方だった。そのあと両親への花束贈呈なんて型通りのことがあって全ては終わった。

ともかく終わった。安堵!花嫁さん側も、このくらいはさせてもらいたいといったことはできたのだろうし、次男も彼なりに対応をしていた。あぁ、この夫婦、なんとかなるんじゃないかと思った。それが嬉しかった。ただ、親としては、やはり事前に沖縄を訪れ、ご挨拶し、式・披露宴については、するしないを含めて、きちんと打ち合わせしておくべきだった。会場で、おおっ、サプライズなんて言っている場合ではない。情けない親であった。新郎新婦にも、沖縄のご家族にも大変申し訳ないことであった。

親代わりを務めて頂いた花嫁さんのお姉さんご夫婦、本当にお世話になりました。淡路島を訪ねてくれるという約束、必ず守ってください。淡路島の美味しいもの思いっきり御馳走します。そしたら我々夫婦も必ずもう一度沖縄に行きます。

019 024 そして何よりも、この3日間、ずっと天(そら)と一緒だったのは、この上ない幸せでした。もう1年分位だっこしてきました。天、可愛い!モーたまらんねぇ。この先、このメンバーで旅することはあるんだろうか。全員揃っての旅なんて結構難しいことだよなぁ。その意味でも、この沖縄旅行、思い出深いものになりそうだ。

しかし結婚関係以外は、ひたすら土産物を買うために走り回っていました。なんせ2泊3日だし、前々日の宴会で、多品目リストを作成されていたからねぇ。いろいろ一杯買ってきたからね。明日くらい宅配で届く予定です。また配り歩きます。

コメント

ハルボン倶楽部さんおかえりなさい♪結婚式はきっと緊張菌が伝染するのかもしれないですね。(この菌はアホアホ菌より威力があるそうな)結婚式場では分単位でしきられ、時間に追われる感があり、なかなか楽しい雰囲気に持っていけないのでしょうね。私達の結婚式はド貧乏だったので書類にサインをするだけの15分で終わる式でした。式に支払ったのはたった75ドル(7500円)そして披露宴は川沿いの無料バーベキューの施設を利用して50人ほどでやりました。と言っても私と父ちゃんはひたすら肉や野菜を焼くのに追われてましたがうちの両親が始めて式の前日に対面した義理の両親と並んで川べりの芝生の上で寝転がる姿はおもしろかったですよ。空ちゃんの可愛さがいっぱい伝わってきます。もうすぐいろんなお話が空ちゃんとできるようになるのも楽しみですね。きっと次回沖縄に行くときは歌え踊れのアホアホ宴会がお嫁さんの家族とできるのでは。。。

のりへいさん、ただいま!

披露宴は、まるまる沖縄のペースじゃ悪いと思って向こうの方が遠慮したんでしょうね。
どっちつかずのまま終わってしまった感じです。
でも、そんなことは大したことではない。
二人が夫婦になったことを周囲の人に認知してもらった、このことが大事です。

今回は俺がアホであることをアピールできなかったので、次回はアホモード全開で宴会出来るように頑張ります。

のりへいさんたち、結婚式もオーストラリアだったんやね。結婚式は見栄を張らないのが一番いい。ありのままからスタートすべきです。バーベキューの披露宴、花嫁花婿がひたすら肉を焼くなんて最高やんか。

私も、先週、お嫁さんが沖縄という結婚式に行きました。
沖縄の人は陽気で楽しいけど、
4時間半もされた日には・・・・仕事関係で行ってて
ハメはずせん私には、苦痛やった(T▽T)アハハ!
でも、沖縄の踊りはええね♪
あんな手首、柔らかく動かんわ(笑)

まこさん、今晩は!

仕事関係の結婚式ってーのは辛いもんがあるやろなぁ。
沖縄の宴席には踊りが付き物で、若いも年よりも同じ輪の中に入れるというのがすごいねぇ。
年のせいか、この頃こんなことにものすごく魅力を感じます。