« 風のたより VOL.865 | メイン | 風のたより VOL.867 »

2008-02-29

風のたより VOL.866

ハルボン水産加工部危うし

今朝も穏やかな一日でした。朝は畑に出て、昨日取り外した垣根の残骸を燃やす。(自然木と竹やから燃やしても問題ない) 立ち上る煙の向こうにくっきと山の稜線が見える。ええ風景や。玉ねぎ畝の草抜きをする。腰が痛い。立ち上がって腰をトントンしてると、汗ばんだ体に早春の風が気持ちいい。牧歌的な山里で機嫌よく遊ぶオッサンだ!

午後は、庭の花壇整備をしていた。落ち葉、枯れた草花、増えすぎたランナー系植物を取り除く。3ヶ月間ほったらかしだったのですごい量だ。俺は作業が嫌いではない。黙々と3時間続けた。病み上がりの腰痛持ちが大丈夫かいな?それにしても、午後はTシャツ1枚で作業していたけど、しっかり汗をかいた。今日は閏年の2月29日、まぁ普通なら3月やねんから、もう暖かくてもええわなぁ。

003今朝の新聞には、昨日、イカナゴ漁が解禁され初水揚げされたとあった。おおっ、瀬戸内・早春の風物詩やなぁ。しかし、昨年のイカナゴ水揚げ量は少なく、値段は例年の倍ほど跳ね上がっていた。今年は、どうなんだろうなぁ。近所のYT夫人情報では、スーパーでは1500円/kgだったということだ。やっぱりなぁ。漁港で直接買えばもう少し安いだろうが、去年よりもっと高そうだ。こちらに来たばかりの7年前は、確か600円台だったと思う。港で水揚げされたばかりのイカナゴ(新子と呼ばれる3cm程度のもの)を買い求め、エミちゃんに教えてもらったとおり「くぎ煮」を作ってみた。

010 ふにゃふにゃで頼りないくぎ煮ができた。大失敗だ。俺の知っているくぎ煮は、固くて見た目にもまさに釘のようでなくてはならない。まぁ、素人に佃煮ができるはずないわなぁ、だけど、味は悪くないのでいくらでも食べることができる。人に見せなければええよなと思っていた。エミちゃんがきて「どうやった」と聞くもんで、仕方なく「失敗作」を見せた。「なかなか上手にできてるやん!味も悪くない」「ええっ、こんなんでええの?」「そうよ、これがくぎ煮よ。ざるにあけて水分を切った方がいいかな」

俺の知っているくぎ煮はなんやねん?まぁ、いいか。

てなことで、調子に乗ったハルボン倶楽部は、すぐさま水産加工部を立ち上げ、2kg、3kgと買い足し、ぐつぐつ煮込んでは、大阪の友人等に送りつけた。以降、年中行事としてきたのだが、1500円/kgとなると庶民の早春風物詩なんて言っておれなくなる。もう、止めようかと相談中である。

早春の風物詩といえばもう一つある。

004 005 我が家の前の海、少し沖目に整然と並んで浮かんでいるのが「海苔棚」、手前の不定形に浮かんでいるのが「ワカメ棚」である。俺自身は、この養殖漁業者と面識はないのだが、エミちゃんは親しい人がいるようで、毎年この時期になると」「海苔いらんかよ」「ワカメいらんかよ」と届けてくれる。まぁ、これが半端な量ではない。でも、喜んでもらう。

生海苔など調理したことないが、これもエミちゃん大先生に教えてもらい「佃煮海苔」にする。あの「○屋の江戸むらさき」とかいうような奴だ。アツアツご飯にのっけて食う。うめー!こんなもんが自分で出来るとは思わんかった。○屋に負けてへんで!

003_2 ワカメは、ワカメそのものもさることながら、その根っこの部分に当たる「茎ワカメ」と「メカブ」(茎の両側についているキノコのようなピラピラ部分:写真)が侮れない。茎ワカメは、2cm幅に切って佃煮にする。メカブはさっと茹で、細く千切りしてポン酢でいただくのが一般的だ。この頃は、スーパーでも売ってるね。だが、俺は切らずにキノコ状のまま、わさび醤油で食べるのが好きだ。メカブのお刺身ってとこやね。これ食べたら髪の毛生えてくるよと言われた。大嘘つきめ!

02280003なんてことで、この季節は、食卓に自家製の「イカナゴくぎ煮」「刺身メカブ」「茎ワカメ佃煮」「海苔佃煮」が並ぶことになる。友人たちにも、セット商品に見せかけて送ったこともある。(商品と思いこんでる奴が本当にいた)

でも、今年はイカナゴがなぁ・・・・豊漁廉価を望む!

コメント

ハルボン倶楽部さんこんばんは~♪イカナゴもメカブもまだ食べた事が無いので淡路島で食べるのが楽しみ~。佃煮も自家製なんていいですね~!
淡路島でやりたい事、作ってみたい料理、行って見たいところが山盛りです!四国もまわってみたいしね~。
私達も別荘分譲地を中心に見てまわる予定でいます。最初は地元の人に受けいれてもらえるのだろうか?ってちょっと心配していたのですが、ハルボン倶楽部さんのブログを見て別荘分譲地を知って良かったです♪

そうやねぇ。
のりへいさんは、行動的で好奇心旺盛でサービス精神満点のようやから、淡路島にもすぐ馴染むでしょう。
地場産食材や郷土料理は、人との繋がりができないと、なかなか手に入りません。
今、我が家は
お米はAさん、、魚はBさん、お肉はS店、野菜は朝市などと定番があります。
もっと細かく言うと、アナゴはCさん、太刀魚のみりん干しはDさん、柿はEさん、メロンはFさんなんてことになっています。
季節食材が豊富なので、旬のものは必ず頂くようにしてます。

淡路島、地名の由来を知っていますか。
阿波への道・・・淡路なんだそうです。
江戸時代までは阿波藩に属していました。
どちらかというと四国文化に近いです。
夏は阿波踊りが盛んです。