« 風のたより VOL.879 | メイン | 風のたより VOL.881 »

2008-03-14

風のたより VOL.880

始動

Photo さっき晩ご飯食べながら、何気なくテレビを見ていたら、家のハルボン(犬)が映っていた。

「ン?ハルボンやん、こいついつテレビに出たん?」

「そうなんよ。これハルボンやんなぁ」と女房。

それは、ソフトバンク携帯電話のCMだった。間違っているかもしれないけど、俺が理解したところによると、ハルボンはある家族の父親らしい。ハルボンは10歳なのになんで20歳は超えているだろう娘さんがおるねん。しかもすこぶる美人の人間やないか。どうやら人間の美人妻もいるようだ。どないなってんねん。いつ撮影したんや。出演料貰ったのなら、少しは分け前よこせ。毎日2回の散歩と食事を保証してるのは誰や思てんねん!といいたくなるほど、あのCMのワンちゃんは、ウチのハルボンそっくりやねん。

さて今日の淡路島は雨が降ったり止んだりのお天気でした。でも、とても暖かだった。2,3日前から、俺は完全春モードに入っている。今日も少々の雨は気にせず、斜面の草抜きをしたり、枯葉をかき集めたりしていた。斜面には昨秋植えた約300本のアジサイが、枯れ葉に隠れて見えないほど小さな小さな芽を吹いている。200本ほど植えた水仙も、まばらに花をつけている。今年はこんなもんかな。

そんな状況だから、エンジン草刈機でガガガッと刈るわけにはいかないのだ。しかし、端から順にチマチマ抜いていったのではエンドレス作業になってしまう。100坪くらいあるからなぁ。それで、ゲリラ草抜き作戦に出た。下から見上げ、草の目立つ所に照準をあて「Aの1地点に突撃!」と自らに号令を掛け、斜面を駆け登る。ワッセワッセと抜き取りバケツ一杯になったら駆け降りる。バケツを空け、また斜面を凝視「ヨーシ、Aに2地点攻撃開始」と号令!右手に鎌、左手にポリバケツ、腰に剪定ハサミなどの道具を入れたバックをさげ、「ウオー」と雄叫びをあげ斜面を駆け登るオッサンは勇壮そのものだ。

はっきり言って人に見られたら恥ずかしいので、一応辺りを見回し、誰もいないのを確認して「ウオー」と駆け登る。俺にだって羞恥心若干残っている。てなことを繰り返すこと57回、草抜きゲリラ作戦は3時間に及んだ。1m四方大のゴミ籠が一杯になった。さぁ、どんなもんだと斜面を見渡す。

ええっ、どこの草を抜いたの?落ち葉や枯れ草、どんだけ掻き集めたというの?雨と汗でドロドロになって何してたの?いうほど、斜面はなんの変わり映えもしていなかった。

午後は、本降りになったので、納屋の掃除を始めた。ここ3ヶ月、流木で遊んでいたので、床はオガクズや木の切れっぱしでいっぱい、道具は出しっぱなし、足の踏み場もない状態になっていた。ここは3時間かけて、見違えるほどきれいに片付いた。

腰痛持ちの俺にしては珍しく都合6時間も作業をした。暖かいと、気持も体も動く。冬眠から覚めたクマさんのように、始動したオッサンであった。

コメント