« 風のたより VOL.871 | メイン | 風のたより VOL.873 »

2008-03-06

風のたより VOL.872

6:10 起床。PCチェック。「くーみんの部屋」りょうさんの自由律俳句に短いコメントを入れる。目覚まし日課となって2ヵ月ほどかな。

6:30 ワン達の散歩。大阪湾に映える朝日の道を眺めながらの散歩は贅沢だ。しかし、この冷たさはなんだ。頬が痛い!

7:00 家中のゴミをかき集め、ゴミ袋に詰める。

7:20 タクヤ君(小1)が来る。レジ袋を差し出す。食パンだ。「あんな、まだ温かいからな、袋は開けたままにしといてや。閉じたら水分がたまるやろ」 ママに言われた通り、ちゃんと伝えることができました。マル!タクヤ君を麓まで送る。また、集積場にゴミを入れるのを忘れたまま帰ってきた。情けない!でも、女房はいないので誰も知らない。

7:40 朝食(ソフトフランスパンとスープだけ。情けない)&新聞

9:00 昨夜入りそびれた風呂に入る。

10:30 歯科医。今日は最後の歯抜け部分にブリッジが入る。知覚過敏になっている前歯をブロックしてもらうのに後2,3回通うが、これで一応治療は終了。虫歯、歯抜け、ぐらぐら歯がない状態は何十年振りだろう。しかし、安心してはいけない。もう60歳だ。治療したからといって、長持ちする保証はない。歯茎そのものに力がなくなってきてるのだからね。しかし、心おきなく熱いうどんを食べることができるのは、嬉しい。これまでは染みる歯に当たらないように出汁を飲まなくては、もぐもぐするのは左右どちらにしようなんて気を使いながら食べていたのだから。さぁ、今日から、食事が楽しくなるぞ!

12:00 うどん&バッテラの昼食。期待感たっぷりの初食事だったが、右上奥歯に違和感あり。慣れるのに時間が必要かな?少し様子を見ることにしよう。

13:00 洗い物を片付け、1Fのみ掃除。女房が帰ってきて、夕食を作るのにまず洗い物からしなければならないのは避けたい。いきなり機嫌が悪いのは辛いもんなぁ。

15:00 早めのワン達の散歩。

15:30 下校途中のタクヤ君が来る。「どうしたん?」「うんこ」「ハヨセー!」 これで二度目やなぁ。我が家は「ウンコ休憩所」と化した。後1分で帰りつくのになぁ、惜しい!

16:30 津名港BTに女房を迎えに行く。そのまま、洲本図書館に直行を命ぜられる。図書館で借りてた本が期限切れなんやて。

18:00 訪ねてきたのは、兵庫県と鳥取県の県境、引原ダム湖畔で陶芸ギャラリー&喫茶店を営む柳夫人だった。3ヶ月前お邪魔してさんざん御馳走になった。こちらがお礼に行かねばならないのに、近くに来たからと菓子折を届けてくれたのだ。まだ、行くところがあるからとお茶を飲んでもらうこともできなかった。今度必ず食事に招待しますからねと叫ぶのが精いっぱいだった。ひょんなことで顔を合わせてだけなのに、こうして交流が続く。人の縁は不思議やね。

19:00 近所のWD氏いただいた絶品手作りカレーで夕食。氏のカレーはお世辞抜きで美味い。辛さも俺に丁度いい。一緒にご飯を食べる相手がいるのはしみじみ嬉しい。たとえそれば女房でも・・・・

コメント

ハルボン倶楽部さんこんばんは~♪歯が調子いいと食事も楽しいですね。タクヤ君、ちゃんとお母さんに言われたことを伝えれるようなので、車に乗せるときに「ゴミ出す日だよ!って降りるとき言ってな~」と伝えておいたらどうでしょう。
一人の食事はついつい簡単に済ませてしまうし、美味しいって伝える相手がいないと美味しさも半減するような気がします。

のりへいさん、オハヨー!

なんて気軽に言っているけど、オーストラリアとの時差はどうなっているんでしょうね。
このコメントでは、同じ感じだけど、それはのりへいさんが日本時間に合わせてくれてるのかなぁ。
ナ~ンも知らんハルボン倶楽部であります。

年を取ると物忘れがひどくなるというけど、物忘れというより単一思考になるねんな。頭の中に違うことが思い浮かぶと、数秒前に思っていたことが消えてしまうねんなぁ。
でも、上手くしたもので、年取ると忘れなきゃ生きていけないことも多くある。