« 風のたより VOL.883 | メイン | 風のたより VOL.885 »

2008-03-18

風のたより VOL.884

すれ違い夫婦の記

今日は朝からバタバタしとった。女房は朝ごはんもそこそこにマレットゴルフに出かけた。その間俺はいくつかの用を足す。

安乎(あいが)郵便局に行き、小包(今もこの言葉通用するのかなぁ)を送る。民営化されたせいか、おばさ・・・、いや女性局員は、なんやスチワーデスのような制服着とった。俺ははっきり言う。全然似合ってない。着ていたおばさ・・・いや女性局員が悪いというのでなく、変にステータス志向を煽っているように感じた。民営化なった直後だから、さぁ、一般会社として張り切っていくぞという姿勢、つまりジャンパーのようなものを着て働く気満々というところを見せて欲しかった。

その足で、中川原の薬師庵にコーヒー用の水を汲みに行く。おおっ、珍しく誰もいない。待たなくてもいいなんて、なんか得したみたい。ここは、淡路島に来た当初から水を汲ませてもらっているが、最初のころは人と行き会うことはほとんどなかったのに、この頃は2,3組いるのが当たり前になっている。確かに天然水を自由に使えるのは贅沢だよなぁ。

そこから引き返すかたちで、大町を抜け旧中田村のホームセンターにいく。ワン達の餌とダニ駆除剤を買う。急に暖かくなったせいか、ワン達の体にいくつかダニがついていたそうだ。

つぎ、旧津名町役場近くのリサイクルセンターに古新聞をおく。

マレットゴルフ場に女房を迎えに行く。約束の時間より40分早く着いたので、そこに車をおいて周辺をウォーキングする。やたら車が多いなと思っていたら、今日は仔牛(黒毛和牛)の競市のようだ。マレットゴルフ場の前は競売場で、淡路島全島から、仔牛が集められ、全国から仲買人が集まるそうな。ここで買われて神戸で育てられたら神戸牛、松阪で育てられたら松阪牛となるのだそうだ。

午後、女房はキムチ作り講習会2日目ということで、エミちゃんと出かける。俺は、昨日トラブル続きだった釣りの反省から、用具の点検をし、予備のセットを作り、買い足さねばならないものをリストアップする。釣り師は、こうして道具をいじっているのも至福の時間だ。いつのまにやら3時間経っていた。

女房が帰宅し、俺は夜釣りに出る。今日は午前、午後、夜とも別行動だったなぁ。このすれ違いを楽しむことが、退職後夫婦2人暮らしの秘訣だと思う。

こうして春の暖かい一日が終わった。

うん?釣りは、ってか?そやから釣りにはいきました。

コメント

きのう、義妹に来ていた手紙を受け取りに
郵便局に行った。
受付のおばさ・・・(私もおばさんだからこれを言うにはちょっと抵抗が)が
『郵便物はあちらです』と指差した。
指差した方向には壁が。
『壁の向こうですか?』と聞いたら
『すみません、うちと郵便物は別ですから』だって。
めんどくさ~! と思いながら外に出て壁の向こうで声かけてもらってきたよ。

郵政民有化したのなら、これだけ便利になりました、これだけお安くなりました、これだけサービス向上しましたというの前面に出してほしいよなぁ。
制服だけスッチー風にされてもなぁ。
あの制服(全国共通なのかなぁ)は、身長168cm以上、体重52kg、年齢22歳~33歳までの女性しか似合わんと思うわ。
正直な話!