« 風のたより VOL.912 | メイン | 風のたより VOL.914 »

2008-04-28

風のたより VOL.913

人と・・・

畑で一週間前刈った草を燃やす。俺が農作業で一番好きな作業だ。その後、ジャガイモの土寄せ、草刈りをして、さぁ今日は終わりにしようかというところに、畑のオーナーSKさんが電動4輪車椅子(正式名は知らない)に乗ってやってきた。

「津名病院へお兄さん(88歳)のお見舞いに行きたいのだが、こんな乗り物でトロトロ行っていいたのでは2時間かかる、弱ったよー」

「軽トラでよかったら送ろうか」

「そないしてもらたらたすかるよぉ」

俺はびっくらこいた。そしてジーンと嬉しくなった。これまで「~~しようか」と申し出たことは何度となくあるが、全てすんなり断られていた。人に何かしてもらおうなんてこれっぽっちも考えない人なのだ。あちこち電話したがアッシー君が見つからず、切羽詰っていたようだ。5分早く作業を終えていたら、何にも知らず帰っていたのだ。SKさんを抱えこむように軽トラの助手席に乗せ、ルンルン気分のドライブを楽しんだ。病院には親戚の者がいるから迎えはいらんよと杖をつきながら病院の中に消えて行った。

シャワーを浴びて、一息ついたところにSS氏から電話

「洲本のピザの店って、月曜日はやってるの?」

「う~ん、月・火と休みの時もあったような・・・」

「ほんなら、『各駅』はどこにあるの?」

彼らは俺がブログに書いた店は片っぱしから訪ねるつもりのようだ。

「『各駅』なら、これから出かけるところけど」

「今、ギャラリルBANYAにいるねん。お庭みせてもろてるねん。ここで待ち合わせて、一緒に洲本に行こう」

一応面識のあるME夫妻は笑顔で迎えてくれた。ギャラリルBANYAの庭は広大だ。何百坪あるのだろう。咲き誇る花たちより、草抜きなど労力の大変さに思いが行く。この花いいねぇというと、惜しげもなく掘り起こしてくれた。

「今週の土曜日、ウチで宴会するけどどうですか?」

「少し遅れるけど行きます」

嬉しいねぇ。はじめてお誘いして、二つ返事でOKしてもらえるなんて、なんと気持ちいいことなんだ。

尚、ギャラリルBANYAはオープンガーデン(5/10,11)にエントリーしています。是非、お立ち寄りください。

SS夫妻の車に同乗して洲本市へ。ジャスコに車を停め『各駅』へ女房の手作りチーズスフレを届ける。先週、たくさんのクッキーを貰ったお礼だ。「後でコーヒー飲みに来ます」と告げて、4,5件隣のピザの店に行くが満席。20分後なら空きそうだというので、丁度いい、100m先にあるトリ頭氏の美容院(開店工事中)を見に行こうということになった。

工事の人もいたが、ズケズケと中に入り驚いた。広い!思っていたよりうんと広い。しかも梁をむき出しにして、吹き抜けにしているのがなかなかいい。こんなに大改装とは思っていなかった。「トリ頭氏、お金ないないとユーとったけど、これはかなりお金掛ってるなぁ」と言っていたら、2階から「お金ないない」と本人が下りてきた。SS夫妻とは初対面なので、紹介しながらしばし歓談。開店予定日は5月8日。彼には、50名は送りこむので、常連になってくれるかどうかは君の腕次第だ~なんてエラソーに告げているので、ハルボン倶楽部関係の女性陣、是非是非一度は行ってやってください。

最近は男でも美容院でカットしてもらう人がいるねんてなぁ。SS氏は、ハルボンさんも来てみたらと言うけど「ふん、俺の髪をカットなんて、どんな名人でも無理じゃ。無いもんをどないして切るチューねん」

「rabo」でビザとパスタを食って、「各駅」でコーヒー飲んだ。各駅では、先週一緒になったお客さんがいて、親しげに挨拶してくれた。我が家の喫茶部常連YBさんもいた。鶴亀コンビさんも、親しく挨拶してくれた。なんだか嬉しいね。

「あっ、『平野』でパン買うのを忘れた。帰りに買おうとSS夫人に言っていたのに!」俺は、以前からこのパン屋さんのファンでもある。パイ系の菓子パンが美味しい。トリ頭氏の美容院は「平野」の隣なのだ。この通りには平天の美味しい「魚伊」という蒲鉾屋さんもあったなぁ。

塩屋筋!なかなか侮れない!洲本の注目スポットなになるかも知れないね。

さて午前中だけで何人の人と会ったのだろう。7年前淡路島に来た時は誰一人知る人はいなかったのになぁ。午後もいろいろあったけど、もうしんどい。書かれへん。

コメント