« 風のたより VOL.903 | メイン | ハルボンの大福帳 6 »

2008-04-13

風のたより VOL.904

ピザ窯への道

阪神タイガースが好調のせいか、昨日の疲れもなく楽しく喫茶部活動ができました。

一番手IZさんにYT氏が加わり、町内会の話で盛り上がる。さらにお隣のKW夫妻、MR氏、TM夫妻が加わり、フグの話で盛り上がりる。マロが加わり、ヘルペスの話で盛り上がる。(現在マロはヘルペスにかかっている) さらにSS氏(denさん)、OMファミリー、彫金師OS女史が加わりピザ窯設置の話で盛り上がる。

2週間前から、露天風呂(五右衛門風呂)、燻製窯、ピザ窯などを作る話で盛り上がっている。denさんは、3つ一緒にできるのをこしらえようと提案するが、露天風呂に入ったつもりが、燻製にされ、ピザのトッピング材料にされては困るので却下された。そんなもん、誰も食べたくない!

俺的には一番使用頻度が高いと思われるピザ窯作成方向に傾いている。ネットでさっと調べると、キットで購入すると2日で組み立て、2週間乾燥させたら使用できそうだ。1時間ほど薪を燃やし、おき火にしてピザを投入するだけなので、もっともシンプルな窯のようだ。それでも最低価格で30万円、かなり辛いなぁ。

海側の隣接する土地(ほとんど急斜面)を取得し、第二期5ヶ年計画なるものをぶちあげ3年目に入っている。最近あまり口にださないが、計画は着々と進行している。

① 庭続きデッキ設置およびデッキ下納屋の作成。

② 斜面階段設置 

③ いちご園、箱菜園の設置

④ 斜面を半分ずつアジサイ園、水仙園とする。

これらは一応終了している。箱菜園は、これまで実績が上がらないので、今年もう一度だけ夏野菜をやってみてダメなら、また畑に戻るつもりである。

もう一つ燻製窯作成計画が残っているのだが、これがピザ窯になりそうだ。露天風呂は、家が建て込んできたので実質無理になっている。ただ、2階ベランダを利用して、展望風呂にならないかなぁと怪しく密かに思いを巡らせている。いつの日か大阪湾の夜景を眺めながらお風呂に浸かる日を夢見ている。

コメント