« 風のたより VOL.938 | メイン | 風のたより VOL.940 »

2008-05-24

風のたより VOL.939

根性のない釣り師

昨日の疑惑の花は「ハコネウツギ」と判明しました。くーみんさん、ありがとね。卯の花=空木(うつぎ)ということなので、卯の花の仲間なんやろね。衆議した人たちも、当たらずとも遠からずということで、うまく話は落ち着いた。三人寄れば文殊の知恵というけれど、当ブログの読者は300人くらいいると思うので、文殊菩薩×100の知恵が結集されてるという訳だ。花の名前くらいすぐ分かるわなぁ。名前さえ分かれば、ネットですぐ確認できる。すごい世の中だ。昔は調べものと言えば図書館だったのにねぇ。

花の容姿から自力で名前を割り出すのはやはり大変だと思う。こんさんが、花の色や花弁数から割り出せるサイトを紹介してくれたが、やはり難しいね。こんさん、ありがとね。それに、ゆいかばあばさんも、「ハコネウツギ」は知っていたようで、先を越されてクヤジーと泣いていた。

さて、今日は第三回メバルカップ当日だが、予報通り昼前から降り出した。午後には濃い霧も発生した。雷予報もある。何の連絡もないので、大会は予定通り実施されるのだろうが、地元のオッサンは、雨の中釣りをする気は全くない、根性無し釣り師なのだ。でもエントリーしてあるので、受付に顔を出して参加費だけは払わないと迷惑をかける。開会式前に行って、絶考釣氏、TAKA氏、まこさんに挨拶だけしておこうと思って、家を出ようとしたときに釜口のTK夫妻が、夫人の妹夫妻を伴って現れた。

145 自作の陶器に(「変わり徳利」なのだが、これに鉢として)もみじのかわいい苗木を植えて、持って来てくれたのだ。この前訪問したとき、山もみじのこぼれ種が発芽しているのを発見して、もう少し大きくなったら貰いに来ますと言っていたのだ。そんな小さなやり取りを覚えてくれて、こんな粋な計らいをしてくれたのだ。しみじみとうれしいね。妹さん夫妻も陽気な方で、初対面と思われないほど話が弾んだ。このまま陽気に続けたいところだが、メバルカップの受付が終了してしまうので、火曜日にランチの約束を取り付けて家を飛び出す。

「朝日餅」のイチゴ大福を差し入れしようと行ったが、もうイチゴのシーズンは終わりやって。他のものを適当に20個ほど包んでもらったら、黙っておまけに5,6個入れていた。ここ、店内がもう少し清潔だと申し分ないんだけどなぁ。

開会式はすでに始まっていた。全員傘をさして並んでいた。受付のまこさんは、なんと松葉杖をついていた。何があったのか詳しくはきいてないが、まぁこの美人釣り師は無類のドジ女でもある。天は二物を与えずか。土砂降りの中忙しく立ち働くスタッフの皆さんの手前「ワイは、こんな天気の中釣りをする気おまへんねん」とは言えず、「これから用があるので、それを済ませてから釣りに出ますわ」と言って、そさくさと立ち去る。

家に戻ると、近所の4人さん到来。喫茶部はお休みと言ってあるが、全く意味をなしていない。みんな同じ年代で、子どものころの映画の話で盛り上がる。

越後獅子舞の幼い兄弟が、悪漢どもに取り囲まれ今にも切って捨てられそうだ。そこに馬にまたがった鞍馬天狗が颯爽と現れる。こんな場面では、必ず客席から拍手が沸いたよなぁ。そや、今度みんなで映画館へ行って、ここぞという場面に拍手してみーへんか?きっと他のお客さんもつられて拍手すると思うで。

しかし、洲本にある淡路島唯一の映画館では、客は俺達以外約3名ということもあるからなぁ。大阪でやったらつまみ出されそうやしなぁ。

ほんまにドーでもええ話題やなぁ。あぁ~楽し!

現在10:30である。メバルカップは順調に運べば、参加者は再び洲本市に集結し、検寸、上位者表彰、賞品抽選など全てが終わったころだろう。俺は、釣りはしなくても「デカイのたくさん釣れたけど、家に置いてきた」と閉会式には顔を出すつもりだった。でも止めた。受付で貰った参加賞の中にゴミ袋があった。釣り場で自分の出したゴミはもちろん、少しでもたくさんゴミを持ち帰ろうという趣旨だ。釣り大会はこれをしなければ意味がない。俺がゴミを持って行けないということは、釣り場に入っていないということだ。正直、ゴミを拾うためだけに、雨の中波止場に出向くのは辛い。ゴミは、もらった袋分、きちんと集めておくので、許してクンロ!スタッフの皆さんご苦労様でした。

しかるに釣果はどうだったのであろうなぁ。2年前第1回メバルカップが淡路島で開催されたとき、メバル達には避難命令を出したのだが、それ以来帰ってきよらん。あいつらどこでウロウロしてるんやろ。オッサンは、毎日餌撒いてるでぇ。はよ帰っておいでや。

コメント

「誰も釣りなんかしてないやろな~。
温泉入って、閉会式だけ顔出すんと違う?
風邪引かんかったらええけどね~」

等という会話がスタッフの間で交わされていましたが、早く戻ってきた人はごく僅かで、ほとんどの人が制限時間いっぱいまで『魚釣り』されてました。
いやぁ・・・根性ありますな~

メバルの釣果は18人。
まぁ、50ひきくらいのメバルは居たようですな^^;


差し入れ、ありがとうございました。
メタボなワシへの殺意ちゃうか?と、疑いつつ2つ食いました^0^

昨夜は挨拶もせんと申し訳ありませんでした。
淡路島に移り住んでからは、雨の日に釣りしたことは一度もありません。途中降りだしたらすぐ帰るもんね。で、釣り用雨具もどこに行ったか分からん。

淡路島絶滅危惧魚種メバルちゃんが58匹も釣られてしまいましたか?
う~ぬ、極悪主催者め!
もっともっと生菓子差し入れて、もっとメタボにしてやればよかった。
本当は早くからビールを用意してあったんやけど、今回から本部はアルコール禁止などという、見かけだけ爽やか路線に切り替えたときいたので、急遽甘いものにしました。

で、雨降らしたんは誰ですか?
やはり、あの美人釣り師でしょうか?

はい、嵐を呼ぶ女でございます

20日の日のメバカップの会議の帰り・・・・
段差を踏み外し・・・痛々しいかっこに(T0T)

仕事休んでるのに大会には行く、極悪な奴です(* ̄m ̄)プッ

又、再来年会いましょう♪

で・・・頼みがひとつ

淡路島ケーブルテレビで6/1メバルカップの様子が
放映されます。
誰か、録画してくれる方いないかなー
地元しか流れないので私たちは見れない(T0T)

まこさん
骨折か捻挫か分からないけど、そんな体で雨中のメバルカップ運営、ご苦労様でした。
俺は、受付澄ませて家で寝とった。
なんやスマンのう。

《又、再来年会いましょう♪》

おおっ、まこさんには再来年にならないとあえないのか?
どうか、それまで今のお若いままでいてください。

録画の件、洲本在住の何人かに打診してみます。
うまくいかなかったら、ごめんよ。

さっき釣りから帰ったところだけ、必至ぶりにメバルが釣れたよ。(5/26)のブログ参照。