« 風のたより VOL.926 | メイン | 風のたより VOL.928 »

2008-05-12

風のたより VOL.927

マーガレット

えらく風が強いなぁと思っていたら台風2号やってね。ええっ、こんな時期に台風なんてありかと思っていたら、これがそう珍しいことでもないねんてなぁ。俺の記憶にはないけどなぁ。

018 このブログに「今朝は庭仕事」なんてよく出てくる。実際に見たことのない人は「そんなに手入れが行き届いている庭なら、さどかし立派なお庭なんでしょうね」と思われるかも知れないが、まぁこれが実にたいしたことない。イヤほんま!ただ、唯一目を惹くのは出窓下のマーガレットである。これだけは皆さん感嘆の声をあげてくれる。しかし、このマーガレットも2つの意味でピークを過ぎたようだ。それは今年の花が終わりということと、株自体がそろそろ寿命を迎えているようだ。木の枝のように硬くなった茎が、ほぼ真横に寝てきたのだ。専門的に正しいかどうか知らないが、こうなるとちょっと触れても根元から折れてしまう。俺の経験則からいくと大体5年かなぁ。

俺はマーガレットが一番好きな花なので、枯れると苗を買って植え替えていた。でも、最近、マーガレットはアジサイのように挿し木で増やせるよと聞いた。アジサイの挿し木なら昨年300本すべて根付き、斜面に移植後もちゃんと育っているという実績がある。それで今日40本ばかり挿し木した。根付くかどうかここ1ヵ月が勝負である。楽しみだ。

マーガレットを挿し木で増やすことに成功したら、庭中をマーガレットでいっぱいにしてみたいなぁ。そしたらオープンガーデンにエントリーしてみようと思う。喫茶部を辞めた後の企画の一つとして有望やと思っている。

夜はパソコンの面倒を見てもらっているNS君に、急遽来てもらった。彼に新機を設定してもらい、ネット接続もやり直してもらって以来、ネットのトラブルは見事に無くなった。これまで定期的にトラブっていたのになぁ。

ところが今回はワードがフリーズしてにっちもさっちもいかなくなった。《にっちもさっちもなんて、自分では初めて使った言葉だと思うけど、なかなかよろしいなぁ。これから多用してやろう》 それだけでなく、このブログやBBSの漢字変換も、文章の中では変換しなくなり、漢字ごとに変換せねばならなくなっていた。パソコンを使いだしてワードだけは一度もトラブったことはなかったのになぁ。

さすがのNS君も「こんなん、はじめてや」と悪戦苦闘していたが、ワード2007には、この不具合が起こるケースのあることを突き止め、修復ダウンロードして解決した。どうも、辞書機能に欠陥があったようだ。

まぁ、ひょっとして同じ状況で苦労している人もいるかなと、情報として記しておきます。

で、今はこうして以前と同じように打ち込むことができている。ここ2週間、うんざりしながら書いてたもんね。「人」とい漢字を出すのが大変やったんやから。どう大変かなんて書いてたら夜が明けるのでやんぺ。

コメント

さどかし(誤)⇒さぞかし・嘸かし(正)

傳さん、端的なご指摘ありがとうございます。
お気づきかもしれませんが、俺は話し言葉で「ざ行」と「だ行」」の発音が区別できないのです。
オーバーに言うなら、発音機能障害の一つです。
それで、この文字のある言葉には神経を使い、使いすぎて返って混乱する、結果間違うということになります。
文章にするときは辞書で確認すればいいのだけど、それをしないのがアホのアホたる所以であります。
高い電子辞書買ったのにね。