« 風のたより VOL.935 | メイン | 風のたより VOL.937 »

2008-05-21

風のたより VOL.936

安産お守り

明日は大阪にいく。次男夫婦と晩ご飯食べながら、出産の打ち合わせするためである。トモチャン(次男の嫁)の両親は亡くなっているが、沖縄には親代りのお姉さん夫婦がいる。どこで産むか、出産後の手伝いはどうするかなど、トモチャンの希望を聞いた上で、我々のできることを話し合っておこうというわけだ。

で、今朝、伊弉諾神社に安産のお守りを貰いにいった。駐車場に停めて、大鳥居の方に行こうとしたら、ちらっと栗色の髪の男が目に入った。ん?ノーマン?まさか?と思って振り返ると、車からレイ君がチョコチョコと降りてきた。「ノーマン! レイ!」思わず大きな声を出してしまう。普段まず来ることのない神社で会うなんてね。

俺 : こずえさんは?

ノーマン : スリープ(両手を合わせて頬に充てるポーズ)

レイ : マミーねんね!

俺 : 何しに来たの?

ノーマン : 神様、お魚・・・・

俺 : ?????

ノーマン : お魚、あげる・・・・

と、レイの持つ小さな紙袋を指さす。中を見ると、あられのような鯉の餌が入っていた。全て了解。池の鯉たちに餌をやりにきたんやなぁ。

ノーマン : ケンジさんたちは、何しにきた?

女房 : セカンドサン、ノーベンバー、グランドサン・・・・(お腹が膨らんでいるポーズ)

ノーマン : オオー、知ってます。

俺 : 安産のお守りって分かるか?安産なぁ、セーフ、バース・・・・なんやろ。お守りは?ガード?

ノーマン : ??????

俺 : まぁ、付いておいで。

社務所(お守り販売所?)で、買い求め

俺 : これや!

ノーマン : おおっ、知ってます。

フレアちゃんのお宮参りはここでしたらしい。こずえさんの両親も一緒だったようだ。訳のわからんやり取りだが、まぁ間違いないないやろ。

4人で池の端に立つと、それだけで鯉たちが集まってくる。デカイ!メタボ鯉や!なんて俺がわめくもんで、ノーマン、????? オッサンギャグを理解するのは10年かかるだろう。ノーマン、気にするな!

「ケンジー、ヨーコ」とレイが餌を一粒ずつくれる。池に投げ入れる。池の中はパニック状態だ。デカイ鯉が怖いのか、レイは池端から1m離れて投げ入れている。怖いけど、興味深々、その姿かわいい!レイを見ながら「こんど天(そら)をここに連れてこよう。人が来ても平気で寝そべっているアヒルもいるし、喜びそうだ」

明日、天に会えるかどうか微妙。昼間はいないし、夜あんまし遅くなると迷惑かけるしなぁ。

さっき電子辞書で調べたら

安産 = an  easy  delivery

直訳したら「簡単な配達」か?コウノトリがサーと運んで来てくれるという意味なんだろうか?分からん!

因みに

出産 = child  birth

こちらは分かり易い。

コメント

ハルボンさん、すばらしい直訳ですね!しばらく笑いこけました。私も二人の息子がいますが、二人ともまさに「簡単な配達」でしたよ。次男の時なんて簡単すぎて病院のエレベーターの中で「配達」してしまいました(マジです。)トモちゃんにも是非、簡単に配達してほしいです。バナナランドから「簡単な配達の気」を送ります。ふぅぅぅぅ~~~はっ!!届きました?

なかちゃん、今晩は!
さっき、大阪から帰ってきました。

ありゃりゃ、エレベーターの中で生まれましたか?
それは、まだ配達の途中でないでしょうかねぇ。
とにかく、次男さん、元気に育っているようなので良かった、良かった。

うちの女房は、細いチビだったので無事生まれるか心配しましたが、2人とも簡単な配達でした。
女房の体は、数年前から、やっと成長をはじめ、今では立派な体格になられました。

トモチャンへの「簡単な配達の気」確かに届きました。
トモチャン自身は、立派な体格のうえ、なかちゃんから気までもらったのですから万全です。
ありがとうございました。