« 風のたより VOL.962 | メイン | 風のたより VOL.964 »

2008-06-17

風のたより VOL.963

あわじ花山水

134 133 菜園・花壇に水やりを終えると、もう時間だった。ふれあい工房OS夫妻を拾って麓のHR鉄工へ、HR氏の車に乗り換え、千草の「あわじ花山水」を目指す。対向車が来たらどうしてかわすのかなぁという道を登っていく。竹原ダムを越えたところにあるこの地域は、以前MT夫妻に案内してもらい、正に「うさぎ追いしかの山、小鮒釣りしかの川・・・・・」の世界だと感動したところである。風のたよりに書いたはずなんだけど、いつの事やら忘れてしまい、ヨー捜さんかった。スマン!

126 119 花山水はアジサイが見ごろということで行ったのだが、正直言って思っていたより小規模で、圧倒されるほどたくさんのアジサイが咲いているわけではなかった。でも、きちんと整備された園内は、オーナー夫妻手作りの味わいというか、ほのぼのとした温かさが感じられ、なかなかいい感じだった。奥さんは、確か2年前うちのBBSに書き込みしてくれたことがあった。一宮のNK氏が訪れそのことをBBSに書き込み、それに呼応してくれたのだ。帰りしなそのことを告げると、ちゃんと覚えていてくれて「来はったとき、そーじゃないかなぁと思ったんですよ」な~んてことユーとった。まぁ、信じておこう。

帰り「キトラ食堂」で昼食を摂る。日頃から親しくしている3組の夫婦であるのに、このメンバーで一緒に外食するのは初めてやなぁ。気軽に誘い合って、ちょっとお出かけし、食事する。それだけのことだが、こんなことができるのも人生のシャーワセというもんだなぁ。

136 139 HR鉄工に帰って、車を乗り換えるとき「そこの廃材の中に、ええ梁があるから持って行かんかよ」と言われた。なかなか重量感のある梁材なので、軽トラで貰いに行く。これで、デッキのベンチでも作るかと足になる材を探していたら「ロースカツ定食」と勘定流文字で書かれた立派な掛札があった。おおっ、これは某トンカツ屋に掛かっていたお品書きではないか。持ち帰ってきれいに洗ってやった。さてこれをどこに掛けておこうか。還暦を機に、屋号をハルボン倶楽部からロースカツ定食に変えようかしら。結構インパクトあるよなぁ。

ノーマンの英会話教室で、阿万のHR夫人と近所の彫金師がレッスンを受けている筈である。俺達夫婦は、成績不良と授業料滞納で退学処分を受けたが、クラスメートであった彼女たちはまだ続いているのである。HR夫人に以前頼まれていたノーゼンカズラ(ピンクの花)の苗を渡すため、レッスン終了時刻に合わせて行った。すぐ帰るつもりだったが、ノーマン夫人に、フレアが大きくなったから会ってやってくださいといわれ、自宅になっている2Fに上りこむ。レイ君が恥ずかしそうに「ケンジー、こんにちは!」と言ってくれた。彼は、日本語の方が定着してきたようだ。お茶をいただき、小一時間おしゃべりをする。

夜はいつもように相棒MR氏と釣りに出る。MR氏ボウズ、俺1匹だけ。それを見せてレベルの低い自慢しようとしたら、クーラーボックスに魚がいない。思わず「アレー!」と大声を出してしまった。多分猫の仕業だろう。でも、MR氏の冷ややかな目は「本当は釣れてないくせに!俺が釣れんのにお前に釣れる訳がない!」と言っていた。

今日はたくさんの人に遊んでもらった。でも、明日は何の予定もない。今日貰った材木で、寡黙な大工になろうかなぁ。

コメント

今日、何日かぶりにお日様が出てきました。ありがたい!台湾にも梅雨、ありますよ。先週はあちこちで浸水していました。我が家もじめじめとキノコ栽培ができそうなくらいでした。

アジサイいいですね。私も大好きな花です。こちらでは気候が合わないのか、園芸店くらいでしか見ることができません。6月のカレンダーのお決まりの構図「あじさい、雨、かたつむり」みたいな光景も、台湾で育った息子達にとってはピンと来ないみたいです。

ロースカツ定食!素晴らしい屋号です(爆笑)!

そうか、台湾もムシムシ・ジメジメなのか。
なんか、南国の島というイメージが強く、ハワイのように日差しは強くても、空気が乾燥していて、木陰に入ればひんやりしてるなんて思っていた。
と、何気なく言っておきながら、俺はまだハワイに行ったことがない。

日本人はアジサイが好きですね。ある程度スペースのある庭には必ずといっていいほどあるものね。
2年後には我が家にミニあじさい園が出現する予定。当然アジサイ宴会方面に突入すると思うので是非ご参加を!