« 風のたより VOL.963 | メイン | 風のたより VOL.965 »

2008-06-18

風のたより VOL.964

有能ベンチ誕生秘話

今日は蒸し暑い中、朝昼ともかなりハードに立ち働いたので、お疲れ気味。夜釣りの潮や波風のコンディションとしては悪くないのだが、今夜は止めと女房に宣言した所に釣りの相棒MR氏登場、「誘われて断るわけにはいくめー」といきなり江戸っ子の心意気になった。しかし氏は別用であって「今日は疲れた。もうビールも飲んだし動きたくない」とのたまう。妙に気の合う相棒だことよ!

そんなわけで、夜はゆっくりと阪神ー楽天戦をテレビ観戦していたのだが、見事な快勝!3連敗後の連勝、このあたりの強さはホンマもんかなぁ。あまり興味はないが、交流戦首位に立ったようだ。優勝するとチームに5000万円入るんやってね。それに今日は全試合セ・リーグが勝っていたね。ということはセ・パどちらも順位・ゲーム差とも変化なしかぁ、なんだかなぁ。

BBSの方にファーブルパパさんが投稿してくれて初めて知ったのだが、今日の楽天の先発片山投手は、南あわじ市出身やってね。体もでかく、本格派の印象やった。阪神戦以外での活躍を祈る。

午前は畑の草刈をして、気持はスッキリ、腰はギックリ。かなりヤバい。ヤバくても、目の前に材料があれば、作りたくなる。昨日HR鉄工の廃材置き場から抜き出してきた太い梁で、ベンチを作ることにした。

まず、釘、木ネジ抜き、こびりついた接着剤などをとる。凸凹部分を切り取り、長さをそろえる。さて、脚をどう取り付けるかやなぁと、とりあえず、一方の端をデッキの淵に乗せ、もう一方の下に、適当に柱材を重ねて置いてみる。

「うん、何やらきちんと脚を取り付けたようにしっかり安定しているなぁ。高さもこれでエエやんか」

142 太い梁材の自重でしっかり固定された状態なのだ。長さは2m70㎝あり、5人は楽に座れるし、補強しなくても曲がる心配もなさそうだ。(近所では、約2名を除いて大丈夫。ドキッとした人は10名くらいいると思うが・・・) 金具で固定してしまうと、とても一人じゃ持ち運びできないが、これなら簡単やしなぁ。しかも、2本横並びに設置すれば、ごく通常のベンチ状態だし、夏のBBQのような大人数のとき2本縦並びに設置すれば5m40㎝の超長々ベンチに変身する。10人は座れる。ただし、おしりの部分が19㎝幅になるので巨大ケツの人はチト心配だ。(約12名がドキッとしたにちがいない)

かくして、設置・移動簡単、用途別形体変更可の有能ベンチ誕生となった。怪我の功名というやつかなぁ。俺は怪我してないから、この例えは正しくないかなぁ。あと、屋外用のペンキだけは塗ってやろうと思っている。

コメント