« 風のたより VOL.973 | メイン | 風のたより VOL.975 »

2008-06-28

風のたより VOL.974

物々交換取次所

お昼前、YM夫妻(島の西側、尾崎の「四季の丘」の別荘族)が現れる。この前YM夫妻が来た時、いくつか自作アクセサリーを持ってきてくれ、女房や、その時いたIZさん達にくれた。IZさんは甚く感激。

「なんかお礼したいわぁ」

「この前、陶芸展に来た時、ランプシェイドが欲しいとユーとったよ」と女房。

「ほんと、私が作ったのがあるねんけど、そんなんでもエエのかなぁ」

てなことで、IZさん自作ランプシェイドを預かっていたのを、やっと手渡すことができた。今度は、YM夫人「こんなん、もらってもいいのやろか」と甚く感激。こうして互いに感激の物々交換が成立したのである。我が家は、その取次所というわけである。お役に立てて嬉しい!

喫茶部に我が家と同姓のYN夫妻(洲本市在住)が現れる。ここに来る前に、友人の家で獲ってきたのだとビワをたくさんくれた。で、俺は「キュウリ要らんか?たくさんあるねんけど」と、とりあえずビワとキュウリの物々交換成立。

実はこのキュウリは我が家の自家製でなく、昨日、大きいエミちゃんにもらったものだ。その時俺は、北阿万のHR夫妻にもらったビワをお裾分けした。

つまりエミちゃんのキュウリは、またビワに換わった訳で、結局我が家はビワが残った。分かるかなぁ?わかんねぇだろなぁ。

しかし、我が家からは何にも出してないやんと思われるだろうが、我が家はその前、北阿万のHR夫妻にノーゼンカズラの苗と千草の花山水でゲットした生シイタケを届けている。つまり、生シイタケがビワになり、ビワがキュウリになり、キュウリがビワになったのだ。ん?

まぁ、とにかく我が家にはいろんなものが集まり、また貰われて行く。まさに取次所やなぁ。

今朝、一人でスーパーに買い物に行って、陳列してある「硬焼きそば」をみて、猛烈に食べたくなった。他の必要材料も買いそろえ、帰って「今夜は、硬焼きそばや!俺が作る」と高らかに宣言した。すると、女房の口から出たのは意外な言葉やった。

「そうやねぇ。私ら、毎日何かしら貰いものをして、菜園で獲れる野菜、お父さんが釣ってくる魚などあって、なんと贅沢な暮しと思う反面、あるものを食べるのに精いっぱいで、今夜は何食べたいなんて聞くことはほとんどないもんねぇ」

う~ん、確かにそれはいえるなぁ。でも、美味しいから問題ない。

コメント

一瞬【わらしべ長者】に思えましたが・・・(笑)
でも、そんな関係っていいですね  

どう考えても長者にはなれないように思うが、ここに住んでいたら食いっぱぐれはないようにも思う。
まぁ、物をもらったりあげたりするのは、それ以前に有機的な人間関係があってのことやからね。
この人間関係は大切にしないとね。