« 風のたより VOL.958 | メイン | 風のたより VOL.960 »

2008-06-13

風のたより VOL.959

夏が来た

明け方は寒くて目が覚めたのに、日中は暑かったねぇ。そんな中、今日も2つのスッキリ仕事をこなしました。

畑に出て、まずジャガイモ掘り。予想通り惨憺たる不作で、ジャガイモらしいのはほとんどなかった。まぁ、仕方ないね。プロだって不作の年はある。掘り起こした後の畝をマルチ(黒いビニール)で被う。これが結構大変な作業で、腰はヒイヒイ、汗はドロドロで参った。ほったらかしだった玉ネギの畝にもマルチで被う。2時間足らずの作業だが、暑さと相俟ってへとへとになりました。

それにしても、玉ネギを収穫した10日ほど前は目立たなかったのに、草がもう1m位伸びている。参ったなぁ。今日はもうアカン、後日後日・・・・。またスッキリ仕事が増えた。

帰って、庭・菜園のバックヤードとして鉢や支柱などを山積みしてあるのを片付ける。これがまた、物を動かすたびに例の虫たちがゴニョゴニョ出てくる。これらを排除しつつ、捨てるものと残すものを分別して、整理した。スッキリ!

065 4時から、ジュリー&花ちゃん邸でアジサイ祭りだ。今年で3回目なんだそうな。ジュリーが始めの挨拶でユーとった。海平の郷BBQシーズン到来を告げる年中行事として定着したのは目出度いことだ。ジュリー邸は家屋の基礎下が、そっくりスペースとして使えるので、雨天決行BBQ場として高い付加価値を持つ。

071 我郷の連中は、もう慣れたもんで、持ち寄る焼き焼き材料はもちろん、おむすび、野菜サラダ、酢物、ブルスケッタ、デザートなど、あればいいなぁと思われるものは程よくそろう。玉ネギの丸玉ホイール包焼きもすっかり定番メニューとなった。これは淡路島らしくていいね。今年の新メニューで生ハモを焼き、ポン酢で食すというのがヒットした。ただ、量が少なく、一家族一切れの配給しかなく、夫婦だと半分かじって「美味しい」と唸っても、残りは配偶者に渡さねばならならないという厳しさだ。しかし、これは我が家のBBQでも取り入れたいね。実によろしい。コツとしては、焼き網の上にアルミホイールを敷いて焼くことかな。焼き網に直接だと、くっついて型も崩れるし、無駄が多い。

069 さて、暗くなりかけると、これまたみなさん手際よく片づけに入る。一段落ついて、やっと周囲のアジサイに目をやるといった様子は例年通り。ジュリーが他人の土地も構わず、周囲に植えまくったアジサイはなかなかのもんだ。しかし、土壌のせいか、ほとんどの花がブルーなのがすこし寂しいかな。

その後、屋内に入って二次会。このころになって初参加のダレン夫妻登場。彼らも海平の人たち、行事にすっかり馴染んだようでよかった。金曜日なのに、別荘族のSS夫妻、いっちゃん&ナース夫妻も登場。ここがまた海平のいいとこやね。

さて8時になると、ほとんどの女性はいなくなった。そうそう、今夜は彫金師邸で「ドスコイフラチーム」の練習日だ。こんな時でもやるのがすごい。今年は、別荘族のナースとセレブヨーコもチームに加わるんやと。師匠:彫金師OS女史、部員:マロペス夫人、YT夫人、花ちゃん、ヨコママ(女房)、HR夫人、MR夫人、ナース、セレブヨーコ・・・・世にも恐ろしき布陣だ。特にナースの参加はチームに厚みを増した。体の厚み、馬鹿さ加減の両面に於いてだ。

その、風の家ビアガーデンも来週6月21日(土)に幕開けだ。海平の郷に夏が来た。

コメント