« 風のたより VOL.959 | メイン | 風のたより VOL.961 »

2008-06-14

風のたより VOL.960

喫茶部ライブ

タイガースはデイゲームでぼろ負けだったようだ。ようだというのは、テレビ中継を観る間もないほど喫茶部は大賑わいだった。

一番乗りはいつも通りIZさん。彼女も美容院ブランでカットしてきた。すると、なんとご主人が「その髪、えらいカッコええやん」と褒めてくれたそうな。結婚以来(多分40年程だと思う)、髪型を褒めるなんて初めてのことなんやて。こういうのって美容師冥利に尽きるというやつやなぁ。トリ頭夫妻、良かったね。こちらも「一度は必ず行ってやってくれ」と頼んだ甲斐があるというもんや。

いっちゃん&ナース夫妻、元怪しい貿易商夫妻(両方とも別荘族)が連れだって現れる。ナースの故郷は福島県でご両親が暮らしている。

「地震、大丈夫やった?」

「電話したけど、母は何んも感じんかったユーとったで」

 被害にあわれた方には申し訳ないが、とりあえずホッとする。我が家も含めて3夫婦は、同じ学年の孫、それも3人とも初孫が生まれた。孫自慢が始まるのは自然な成り行きだ。

若い方のエミちゃん(ダレン夫人)が一人で現れる。昨夜、ダレンは、作業に張り切り過ぎて腰痛になったとユーとったが、今日は、しぶしぶ仕事(明石の英会話学校)に出かけたそうな。島内に仕事があればいいのだが、難しいよなぁ。とにかく、喫茶部でたくさんの人に出会っておくのは悪くない。

SS夫妻(別荘族)、YT氏が現れる。一宮のNK氏も現れる。昨日、アジサイ祭りBBQの途中、ワン達の散歩に帰ったとき、ベランダにでかい無臭ニンニクが置いてあった。多分NK氏だろうと思っていたが、やはりそうだった。今日も来てくれてよかった。SS夫妻、エミちゃんには巨大玉ネギを自慢がてら押しつける。本職のNK氏も「これは立派な玉ネギだ」と褒めてくれた。

そこへ「年寄りエミちゃん」改め「大きいエミちゃん」が現れた。旦那(HR氏)、嫁のミカさん、子どもたち(タクヤ君小2、モモちゃん3歳、コーシロー君6ヵ月)も一緒だ。昨夜は、ミカさんの両親も含め、みんなで南淡のホテルに泊まってたんやて。淡路島の住人が淡路島のホテルに泊まってドーするんだ?と思うが、孫を囲んで両家のじいちゃんばあちゃんがゆっくり過ごすというのはいい関係やなぁ。ほんで昨夜のアジサイ祭りに顔をみせなんだんやなぁ。

ふれあい工房のミヨちゃんが現れる。火曜日、千草の「花山水」へ一緒に行くことになっている。HR夫妻も誘うと即OK,ここは遊ぶ話はすぐまとまる。

卓球部はあまり流行らなかったようで、MR夫人、WD夫人、MT夫人の3人だけ。

これで終わりかなぁと思っていたらOMファミリー(別荘族OM氏、ハナちゃん小6、タローちゃん小4、さくらこちゃん小!)がやってきた。ママは仕事で夜遅く合流するそうだ。前もって連絡してくれたら晩飯くらい食わしてやれたのになぁ。急に5人家族を食べさせるのは難しい。

女房は「5人くらい、すぐにでも食べさせれるくらいの食材は置いておかないといかんなぁ」としきりに反省していた。ほんまやなぁ、パスタが10束ほどあれば、何とかなるもんなぁ。スマン!

なんてことで、何人来たのか分からんけど、昨日も今日もたくさんの人に囲まれて、幸せな日々が続いております。

コメント