« 風のたより VOL.956 | メイン | 風のたより VOL.958 »

2008-06-11

風のたより VOL.957

図書館の午後

阪神ー西武戦、いい試合やったね。全く違うチームカラーなのにセ・パそれぞれ首位を走っている。自軍選手の特徴を最大限発揮できるカラーを作り上げた監督の力量が大きいと思う。そういえば、岡田監督も渡辺監督も二軍監督経験者だ。これは偶然なんやろか。それにしても阪神は強いねぇ。

今朝は、これまで刈り取った草の処理をした。軽トラ4回分あった。放置状態で気になっていたのが、さっぱりきれいになった。気分も晴れ晴れだが、終了したところで雨が降ってきた。

俺は、料理、工作、農作業などは嫌いではない。ただ、好きと言い切れないのは、後片付けが嫌いだからだ。俺が、たまに食事を作っても、女房は「お父さんは、後片付けせーへんからなぁ!」と一言厭味が入る。かく言う女房も、草刈りや作業の後始末は手伝わない。本当は「手伝え!」と言いたいところだが、反撃必至なので言えない。まぁ、自分の分担を果たすということでなんとか均衡を保っている。

さてその女房殿に「それ以上きれいになってドーする」と声をかけ、洲本市の美容院「ブラン」前で降ろす。開店一ヵ月、お客さんの入りなど気になるところだが、あえて俺は店を覗かないことにした。俺が手伝えるのは、知り合いの女性に一度は行ってやってくれ、常連になるかどうかは彼らの腕次第でいいからと声をかけることだ。トリ頭氏は「男性もカットできますよ」というけれど、若い男ならいざ知らず、美容院に行くオッサンは不気味だ。だいたい俺が行って、どこをどうしようというのだ。俺の髪の量からして8割引きにしてもらわにと割に合わない。そういえば、淡路島に移り住んで一度も散髪屋に行ったことがない。煙草を止めたのと併せて、15万円/年節約できているように思う。

女房を降ろして、洲本郵便局で小包を2つ送る。「中身は何ですか?」と聞かれた。「淡路島名産玉ネギドレッシングだぁ」と高らかに答えておいた。もちろん嘘ではないのだが、それは少しで、俺の作った巨大玉ネギが潜んでいるのだ。

ユニクロでTシャツ2枚購入。

ジャスコに車を停める。女房が終わるのにまだ1時間以上ある。ここは洲本路地裏探訪しかないなと歩き始めるが、なぜか楽しい気分にならない。楽しくないときはすぐ止めるのがハルボン流だ。で、喫茶「かくえき」(NPO法人)に入る。ここでもなぜか、腰が落ち着かない。チャーハン(300円)を食べてそさくさと退出。どうも、自分の気持ちが内向きになっているようだ。俺は時々こうなる。こんな時は一人になるに限る。洲本図書館に入る。冷房が効いていて気持ちいい。本棚から月刊誌「関西のつり」6月号を抜き、お気に入りの窓際のソファに座る。葛城修平氏の記事を開く。ううん?なんやこれ、まこさんやんか?なんと美人釣り師まこさんと葛城氏がツーショットで写っとるやないか。この前も、二人で我が家に来とったなぁ。怪しい!絶対怪しい!別に、怪しくても構わんけど・・・と思いつつ俺は眠りの世界に入って行った。

コメント

私も(¬、¬) アヤシイと思うわ!(笑)
つーか、最近は、もう一人の白いウエアーの人と3人トリオ♪
実際には、あと3人の計6人だ(* ̄m ̄)プッ

師匠・・・弟子にのされるの図と言ってほしいなー
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

ハッ!(`ロ´;) ここ師匠見てるかも!!(逃)

PS
しばらく淡路島にいけやんので、立替お願いします

「あんたら怪しいんとちゃう?」なんて言われたら、基本的にはうれしいんやけど、まぁ、相手によるわなぁ。

しかしながら、師弟関係が男女の関係になんてことはよくある話で、俺の近辺にもある。

でも、まこさんが「師匠」と呼ぶのを聞いてたら、まるで畏敬の念が感じられない。
それでいいのだ。

録画CD、手に入ったらすぐ送ります。

図書館に入ったときに
「これは寝るな!」と察したとおり
期待にこたえてくれてどうもありがと~(笑)

ウランさんのご期待に添えて、とてもうれしいです。

ブログ、毎日訪ねていますが、オッサンの入り込む余地は少なく、このメタボ体型では無理なようです。
でも、子育てから解放されたウランさんが、少しずつ活動的になっている様子がうかがわれ、いい感じです。
ウランさんが、ここまで頑張ったご褒美だと思って、うんと羽を伸ばしてください。

おかしい・・・
掲示板の「タレントや有名人」で名前が出ると思ってたのに、3面記事に載せられてたか(^^;
6月号確認したら、ツーショットではなく、私がカメラマンした3人ショットですな。
と言う事は、7月号のカラーページの事ですかね?
伺ったキス釣り取材の淡路×編です(涙)

ちなみに「師匠」は、あくまでオヤヂギャグの師匠であるらしいと、最近聞かされました・・・。
男女の関係になるとしたら、男女は入れ替わると思われます。

そうか、絶考釣さんという超有名人を忘れとった。有名過ぎて思いつかんかった。スマン!

まぁ、ここにまこさん、絶さんと顔を出すとは思わんかったので少々あわてております。
その~、ツーショットだの、3人ショットだの、元々エエカゲンな俺が、エエカゲンに見聞きしたことを、エエカゲンに書いてるのやから、読む人は眉に唾を3度つけておかんとあきまへん。
今後はそのあたりに留意して読むように!

7月号のグラビアはまだ見ていません。
美人ドジ釣り師まこさんが出ているなら、すぐ買わなくちゃ!