« 風のたより VOL.994 | メイン | 風のたより VOL.996 »

2008-07-19

風のたより VOL.995

ドスコイフラチームは躍進するか?

今日の喫茶部は、さしずめピザ窯のお披露目会だった。みんな一様に「大きいなぁ、大したもんや!」と褒めてくれ、俺も自慢気にあれこれ説明するが、なんせまだ未使用なのでなんとも面映ゆい。はたして窯に中で薪はちゃんと燃えるのだろうか、窯は適温まで熱せられるのだろうか、特に天板の大谷石の保熱性(こんな言葉があるのかどうかしらんけど)、強度は大丈夫なんやろか等々不安だらけである。23日が初火入れとはいえ、何人か呼んであるので、上手く焼けなかったら何言われるかわからんしなぁ。

さて、夜は今年2回目の「工房・風の家ビアガーデン」だ。しかし、ビアガーデンの花ドスコイフラチームは、コマロ改めマロペス夫人、SS夫人、HR夫人、日本一喧しいナースの4名欠席なので、踊り子(踊りオババとは言いにくい)は5名と少しさみしかった。約束通り、俺が歌い、ドスコイフラチームが踊るという世にも恐ろしい光景が繰り広げられたのだが、今日は外部からの参加者はおらず、卒倒者は出なかった。

ふれあい工房のミヨちゃん、元怪しい貿易商夫人(マダム・ヨーコ)、WD夫妻はドスコイフラチームお踊りを見るのは初めてなのだが、まぁこの連中はこんなもんやろと平然と受け止めていた。マダム・ヨーコには「次、あんたもこっちで踊る側やで」と盛んに誘われていたが「いえいえ、私はとても皆さんのように覚えることは出来ないわ」と断っていたが「私はとてもそこまでアホになれないわ」という本音がミエミエだった。う~む、正しい選択だ。

さて、このドスコイフラチームに出演オファーがあったとか、なかったとか・・・・。増殖を続けるこのチームは、限りなく躍進を続けるのであろうか?知らんぷりしとこ!

コメント