« 風のたより VOL.982 | メイン | 風のたより VOL.984 »

2008-07-07

風のたより VOL.983

キャッホー!

夜釣りから帰ってきたところだ。今日は「いかにして大チヌを取り逃がしたか」について臨場感あふれる報告をするつもりだった。ブログに書き込む前にコメントをチェックして、思わず目を疑った。ん?目をこすってもう一度しっかり見る。間違いない、なんと昨夜演奏を聴き、帰りしな偶然言葉を交わすことができたと大喜びした、あの窪田美香さん本人が書き込みしてくれているのだ。

「キャッホー、お母さん来てみ、あの美香さんがブログに書き込みしてくれてるで!」

「またまた・・・・・??? イヤー、ほんまや!」

女房も一瞬絶句後、声を出して読んでいた。

「なんか、嬉しいね。良かったね!」

実は昨夜遅くTIDEさんが、美香さんと昨日一緒に演奏していた美和さんがMIKAWAというユニット結成しており、ブログも開設していると教えてくれたのだ。早速訪問し、初めて美香さんの人柄に触れていたのだ。そして昨日の俺の記事に対するコメントが今日入っていたというわけだ。

http://mikawave.exblog.jp/i2/

美香さんが、どうしてこのアホアホ菌拡散ホームページに行きついたのか分からないが、これでうんと距離が縮まった。ひょっとしたら、MIKAWAのお二人をランチにご招待なんてこともありゆるかもね。アハハッ、飛躍しすぎやチューねん。しかし、親しみは格段に増したが、俺がアホなのもバレているのだなぁ。う~む、痛し痒しやなぁ!

女房は「今度はちゃんとした会場でのコンサートを聴きたいね」と言っていた。俺は「うん!うん!」と頷きながら、何年振りかに女房と意見が一致したことに戸惑いを覚えた。来年の千福寺夏祭りを待つのでなく、そんなチャンスがあるといいね。

コメント