« 風のたより VOL.1013 | メイン | 風のたより VOL.1015 »

2008-08-08

風のたより VOL.1014

朝の儀式

目覚めるとまずパソコンに向かう。メール、BBS、ブログのコメントをチェック、即返信した方がよいだろうと思われるものにはその場で書き込む。次にネット友達のサイトを巡回、毎日覗くサイト、時たま覗くサイトなどあって、平均10サイトくらいかなぁ。即反応したいことがあれば書き込む。後は、夜にゆっくり書き込むことが多い。まぁ、これが脳を目覚めさせる俺の朝の儀式というところかな。

次は屋外に出て、菜園、アジサイ園(と言うにはまだ恥ずかしい状況だが)、芝生、花壇への水やりだ。それぞれ成長を見守りながらの楽しい作業だ。しかし、こう炎天が続くと、毎日100坪ほどの広さに水道水を散布するのは気が引けるというか、水道代が気になるというか、資源の無駄遣いをしてるのではないかと、チト気が重いのも事実である。

それでも、この春、斜面に移植したアジサイの苗は、10本程完全に枯れた。枯れそうなのもたくさんある。もともと養分の少ない地質の上、斜面なので保水性も低い。こちらも、250本全てに毎日水やりするのは無理だよなと諦めていたところもある。でも、周辺の草刈をして、健気に生きている姿が露わになると、もう放ってはおけなくなった。一本一本水をやるようになった。

「オホホッホー、嬉しいなぁ。この頃毎日こうして水浴びさせてもらえるもんねぇ。ええっ、今朝はもう終わり?そりゃないよ、ただのお湿りやん、とても根っこには届かんべ!水道代高いのは分かるけど、これじゃ夜までもたへんがなぁ!おおっ、おおっ!ターンして戻ってきた。おおっ、冷たい!気持ちいい!これでなくちゃ!よおっ、ご主人さま、日本一の男前!女たらし!こんちニクいね!」

なんて無言の声援を浴びながらの水やりが、体の目覚め儀式なのである。

この後、菜園で採れた夏野菜たっぷりの朝食を摂る。ここ数日、手足のしびれも少し軽減されたようで、還暦間際のオッサンは、猛暑に負けることなく、かなり元気です。

さて、今夜はオリンピック開会式ですねぇ。式そのものはあまり興味無いのだが、他にこれと言った番組がないのでこれから見ることにする。(現在8時過ぎ)

003 そうそう、今日巨大なタコの足3本貰った。足3本だけなのに、これがまだ生きてるねん。くねくね動くし、吸盤は手に吸いつく。さすがの俺も不気味に感じた。それでも、1本は半生に茹で、お刺身した。昨日釣った、グレ、チヌ、アジ、メバルとあわせて、刺身5種盛りとなった。夫婦2人の食卓だ、飾りはない。ただのテンコ盛りだ。カンカンに冷えたビール。淡路島に住んで良かった。

コメント

高台にある家やから
井戸は無理なんやろね
雨水…これも雨が降らないから溜まらないよね~

新鮮なお刺身
( ̄¬ ̄) ジュル・・・
ハルボン菜園では紫蘇は作ってないん?
紫蘇 彩りにもいいし♪
香りもいいし♪
身体にもいいよ♪

うらんさん、今晩は!

オリンピック一日目、日本勢の成績は芳しくないようです。
谷選手、失意の銅メダルって感じで、観ているこちらも戸惑いましたね。

今住んでいるところは、日本一水道代が高いということです。まいるよなぁ。
車無しでは暮らせないので、ガソリン高騰も強烈パンチです。宝くじも買えん!
プンプン!

紫蘇は作ってないけど、近所にたくさん自生していて採り放題です。
はははっ、ずぼらこいて採りに行ってないだけです。