« 風のたより VOL.1028 | メイン | 風のたより VOL.1030 »

2008-08-23

風のたより VOL.1029

土曜日一人ぼっち

未明、激しい雨音に目が覚めた。雨は日中かた夜にかけても断続的に降り続いている。こんなまとまった雨は本当に久しぶりで、植物たちは「命拾いした!」と喜んでいるだろう。毎朝、菜園・庭に水をやりながら、日本一高いと言われる水道代もさることながら、そろそろ水不足も深刻になるだろうと気が引けていたのだ。

午前、女房と花ちゃんを津名港バスターミナルへ送る。昨日から、大阪に居るマロペス夫人と合流して、「フラガールズ」(映画の劇場版:大阪芸術劇場)を鑑賞だと。花ちゃんとマロペス夫人は今夕帰島するが、女房は居残り実家に泊まる。明日、長男ファミリーと一緒に帰島するということだ。思えば、花ちゃん、マロペス夫人、女房は大阪生まれの大阪育ちだ。その3人が期せずして淡路島で暮らしはじめご近所同士になり、一緒に大阪に遊びに行くというのだから面白い。ン?別に面白くもなんともない?まぁ、ソー言わんと!

てなことで、女房たちを送った後、俺は何にもすることがない。喫茶部はお休みだし、雨でウォーキングにも釣りにも行けない。オリンピックは俺的には昨日で終了しているし、タイガースのゲーム予定もない。土曜日だと言うのに宴会のお誘いもない。それもそのはず、宴会主力組は、なぜかほとんど出かけており居ないのだ。

俺は、ご飯を一合だけ炊き、レトルトカレーを温めて、一人寂しく食べる。食べながら、先週の土曜は、40数人で大BBQやってたんやよなぁ。あの天から舞い降りた太鼓打ち:窪田美香さんも駆けつけてくれたのだ。この落差こそが、俺の淡路島暮らしの象徴なんやなぁ。

一人で過ごす時間、女房と二人過ごす時間、大勢の人達に混ざって過ごす時間

このバランスが絶妙なんやなぁ。だから楽しい。

一人寂しく過ごす時間も、俺にとってはとても貴重なのだ。

さぁ、明日は天(そら)をどこに連れて行こうか、何して遊ぼうか。昨年水が冷たくて大失敗だったプールはどうなるかなぁ。楽しみやなぁ。

コメント