« 風のたより VOL.1009 | メイン | 風のたより VOL.1011 »

2008-08-04

風のたより VOL.1010

親子三代

この5月、洲本市塩屋筋で美容室「ブラン」を開店したトリ頭氏のご両親が我が家を訪ねてくれた。息子夫婦は淡路島でチャンとやっているのだろうか、孫たちは元気かなと、東京から様子を見にやってきたのだろう。御父上は、素老人というハンドルネームでBBSに書込みされていた時期もあるので、覚えている人もいるでしょう。その縁で、玄人裸足の「手打ち蕎麦」、自分で養蜂し採集した「日本蜜蜂のハチミツ」、手作り「3年物味噌」などを送っていただいたことがあり、その都度電話でお話もしているので、初対面という感じはしなかった。

そんなことで、話も弾み、いつの間にやら3時間も経ってしまった。話しながら、この親にしてこの子ありやねんなぁとしみじみ思っていた。素老人さんも美容師で、二人の息子さんが揃って美容師になったのは、子どもたちが憧れるようないい仕事をしていたという証なんやろなぁ。お店をやっているのだろうから、ずいぶん忙しくしていたと思うが、楽しい家庭でもあったんだろうなぁ。でないと、今の世の中、なかなか親と同じ道は歩まないよなぁ。

今日はトリ頭氏はこれず、夫人と華ちゃん(1歳)と一緒にきてくれたのだが、ネットで知り合った人と親子三代、こうして実際に顔を合わせ親しくお話しするなんて珍しいことなんやろなぁ。

009去年の今頃、華ちゃんとウチ012 の天(そら)が、並んでお昼寝している写真を、まだ飾ってある。そう、あの時は俺の長男ファミリー、ノーマンファミリー、トリ頭ファミリー(まだ東京在住)と若い子ども連れファミリーが偶然、顔を合わせたのだ。長男ファミリーも淡路島に移住すればエエのになぁ。そういえばノーマン夫人(コズエさん)のご両親とも親しくさせてもらうようになった。ここも親子三代の付き合いやなぁ。近所のHR氏とこなど、親子四代との付き合いやなぁ。

みんな淡路島にきてから知り合った人たちだ。

コメント

昨日のコメントで夜景撮影がうまくいかない、とありましたが、たしかフラッシュをたいていたように思います。フラッシュは禁止です。
以下は、以前私のブログに書いた一文です。参考にしてください。

《私の持っているカメラは3年前のもので、「手ぶれ」防止装置はついていない。付いていても夜景を撮るには三脚がいるのだろう。
夜景を撮りたくて長さ13cmの小さな三脚を買った。三脚を平たいところに固定し、デジカメを取付けた。撮影モードを「夜景」に設定し、フラッシュを「発光禁止」にした。
画質を最大にした、最大といっても300万画素にしかならない。
構図を決め、自動シャッターのボタンを押した。
なんとか見れる夜景が撮れた。 》

愉悠舎さん、今晩は!

さっき大阪から帰ってきました。

実は三脚のことは、2年前、愉悠舎さんに教えてもらって買いました。
宴会のときなど、自動シャッターにして、結構自然な写真が撮れました。
でも、クリスマスのイルミネーション、花火などは上手くいきませんでした。
もちろん手に持つよりはうんとマシですが、愉悠舎さんのブログの写真のようにはいきません。
まだ、なにか足りないのでしょうね。
ん?頭が足りん?
まぁねぇ。