« 風のたより VOL.1007 | メイン | 風のたより VOL.1009 »

2008-08-02

風のたより VOL.1008

遠い日のピザ

030 いっちゃん&ナース夫妻と元怪しい貿易商夫妻が連れ立ってやってきた。庭のピザ窯をみて「いつ食わせるんだ!」言い寄る。彼らは、別荘族だから、原則土日しか滞在できないのを分かっていて「9月20日まで土日は喫茶部やから、平日やったらいつでもええで」と応じる。4人は「喫茶部日程と廃部のお知らせ」表を見ながら、何やらヒソヒソ。

037 ナース : 「決定しました。ピザパーティは9月27日(土)で~す!」

俺 : 「えらい遠い話やなぁ」

マダムヨーコ : 「ナンも焼くなら、私、ドライカレー作ってくるわ」

ナース : 「ほんなら私はナンも持ってこんでええな?」(ダジャレの域に達してないので無視)

俺 : 「アホ、なんか持ってこい。そや、カレー、ピザは濃い系やから、野菜を切っただけでええから、サラダをたっぷり持ってこい」

ナース : 「それ、私、得意や。あと、他に誰を呼ぶかやなぁ」

俺 : 「この前の初火入れの時の経験から、12名が限界やなぁ」

ナース : 「まず、私らが外されんようにせんとなぁ」

てなことで、6年半続いた喫茶部廃止翌週の土日の計画はすでに決まった。喫茶部廃止後も、多分こんなふうに何やかやとやってるんやろなぁ。

コメント