« 風のたより VOL.1032 | メイン | 風のたより VOL.1034 »

2008-08-27

風のたより VOL.1033

年金の怪

年金といえば、理解し難いことがいくつかある。8年前仕事を辞めて淡路島に移り住み、役所に住民登録や国民健康保険などの手続きに行ったとき、国民年金支払いの手続きをしてくださいと言われた。

俺 : 「払わんと年金貰われへんの?」

担当者 : 「いえ、支払年数は規定に達していますから、年金は受け取れます」

俺 : 「払わんかったらドーなるの?なんかペナルティあるの?」

担当者 : 「処罰規定はありません」

俺 : 「そんなら払わん!」

担当者 : 「それは困ります。支払手続きをお願いします」

俺 : 「収入があるなら払うけど、わずかな蓄えを切り崩してまで払う気はない」

担当者 : 「法的にお支払いただくことになっております」

俺 : 「法的といっても、守らなくても俺にはなんら損失はないねんやろ?」

担当者 : 「はい、そうなんですが・・・」

なんて訳の分らん遣り取りがあって、結局俺は退職以降基礎的年金については支払っていない。もちろん、受取り額が少なくなるのは当然だ。でも俺としては、家計が引き算だけの世界に入るとき、支出を抑えたいと思うのは至極当然のことだと今も後悔はしていない。

しかも、その基礎的年金の支給だが、60歳から受け取ろうと思えば可能なのに、社保庁はそのことを言ってはこない。俺はこのことを銀行のパンフレットで知ったのだ。まぁ、特例ということなのだろうが、制度としてある以上、60歳を迎える人にはこんな方法もありますよと知らせるべきではないだろうか。60歳から受け取るのと65歳から受け取るのとさして大きな違いはない。74歳で死んだとしたら支給総額は同じ、75歳以降生きたら年間数万円の差が出て来るようだ。俺は一応75歳まで生きる前提で人生を組み立てているので、75歳以降は生きてるだけで丸儲けの世界なのだ。年間数万収入が少ないなんてドーでもいいのだ。

正直、共済年金、基礎年金とも取り込もうか、共済年金だけにしておこうか思案中である。まぁ、どちらにしても74歳まではドないしてでも生き延びて、自分の稼いだ金は使いつくそうぜと女房と誓いを新たにした。

俺達は夫婦揃って早期退職してここまで無収入で暮らしてきた。したがって蓄えはほとんどない。これからは年金生活に入る。シュミレーションとして、2人分の年金で2人が生活するにはさほど問題はない。しかし、どちらか先に逝って一人分の年金で一人生きていけるかと言うとこれは難しい。飢え死にはしないかもしれないが、相当厳しい生活を余儀なくされる。

女房に「私が生きている間は、あんたも生きているように!」と言ってもらえる所以である。なんだかなぁ。

コメント

退職後の国民年金は免除申請してないのですか?
無所得等の場合は毎年免除申請してたら年金保険料支払わなくても支払った場合の3割位の給付が受けられたと思いますが・・・
といってもこれは65歳になってからの老齢基礎年金部分のうち退職後の期間相当分ですけどね
図で示すと
http://nenkin.hartfordlife.co.jp/seido/koumuin/index.html
の紺色枠部分です。

65歳以降は基礎年金部分が国民年金から支払われ、退職共済年金と合計して初めて満額年金になる仕組みです。
何度も法改正されて複雑になってるので無茶わかりにくいですけど、今では公務員も基礎年金部分は国民年金をかけて受け取るって形になってます(満額で年間79万円ほどです。)
この部分は60歳から早期支給を受ける事が可能ですが、7割程度の給付額になるので年間あたり24万程度少なくなります。
詳しいことはわかりませんが75~6歳で逆転(損する?)かったんと違うかな?

私もボチボチと調べながらなもんで明確な記述ができないんですけど・・・
例えば大阪市なんかでも
http://www.city.osaka.jp/shimin/kurashi/03/soudan1/index.html
の一番下みたいに社会保険労務士が無料で年金相談とかをやってるので淡路島でもあるんちゃいます?
某市窓口での嫌な想いではおいといて、ここはきっちり確認してから手続きを取られる事をお勧めします。

こんさんって、なにかにつけ玄人跣やなぁ。
大工はきちんと学校で学んだし、車にも詳しそうやし、年金制度なんかも熟知してるみたいや。
すごいねぇ。なんか尊敬するなぁ。

そこにいくと、俺はナーンも知らんなぁ。
得意技というのもないなぁ。
こんなエエ加減で、ヨー60歳まで生きてきたもんやなぁと我ながら感心する。

今日も、1ヵ月さきだと思ったEO光の工事を月曜日にするといってきた。
電話、ネット、テレビ受信がセットのやつやねんけど、
今のテレビでデジタル対応できるのか、
プロバイザーが変わったらメールアドレスも変わって、ホームページなんかどないなるんやろ。
OCNの解約はどないしたらええねやろなんて
解らんことだらけ。
どないしょう?
こんさん、助けて!
HELP ME!

eo光いいっすね~
うちは節約の為にテレビは加入してないですが電話+ネットでやってます。
光チューナーがテレビ1台にひとつづつつけないとあかんみたいですが、テレビ5台あるのもんでやめました。(笑)
ま、メイン1台だけ契約して、残りは現行どおりアンテナでアナログ放送を見るって方法もありますけど(・。・;

風の便り1001でも気になってたのですが・・・ホームページとブログはヤバイっすよ

OCNに電話で確認されたほうがいいですが
http://www.ocn.ne.jp/cancel/index_b.html
契約解除と連動してホームページは削除されると思われます。
また、ブログは別途契約して生かすことが可能かもしれませんが毎月会費が必要だろうと思われます。

因みに
ホームページのデータは全てパソコンに残ってますか?
風の便りWEB版とかオーナーからのご挨拶とかの画像やHTMLページ作成されたファイルですが・・・
残ってれば多少手を入れてでも例えばeoのHPとして復活させることは可能です。

ブログは引越し用のソフトがないと厳しいかも? 探したらフリーソフト(無料ソフト)で、今のブログデータを吸出してくれるものがあるかもしれません・・・
あれば吸出ししてどこかのブログに引越しが可能かと思います

因みに私はHPはヤフーの無料ホームページで、
ブログはexciteの無料ブログ使ってます。
CMが表示されて見にくいかもしれませんが、『そんなこと関係ね~♪』といいつつ前のZAQでも今のeoでもHPは開設せずに”無料”のもので”潰れにくそう”なものを使ってます。(笑)

友人関係のブログは『FC2』
http://blog.fc2.com/
とか『Livedoor』
http://blog.livedoor.com/
のが多いですね。
 
ヤフーのブログやってる人も多いですが、サーバーが混雑するのか、なかなかページが開かないので私は苦手です。

HPもブログも、思い出の塊(財産)でもあります・・・
是非とも何らかなの形で残してくださいね
HP関係に詳しい方がおられたら相談してみてください

ブログのことをもう少し調べてみました。
やはりOCNを解約するとブログはその段階で削除されるようです。
http://www.blogzine.jp/manual/10/002f.html

お引越しに関しては
OCNのブログ人は書き出し機能(エキスポート)がありますのでパソコンに吸い取れるみたいです。
http://www.blogzine.jp/manual/09/010.html

で、引越し先ですが@niftyのココログってのだと吸い出したデータをインポート(ぶち込め)ます。
http://www.cocolog-nifty.com/about/details.htm#d_08
ライブドアのブログもインポート機能を持ってるようですが説明がわかりにくかったのでこっちがお勧めかも?
なので
OCNのブログから⇒ニフティーのココログ(無料ブログ)へ引越しであれば引越しソフトなしで可能と考えられます。
画像の引越しの事も書かれてましたが詳しいところまではまだ読み取れていません  m(..)m
少なくともOCNの解約は少し遅らせて、HPやブログの引越しを済ませたいですよね。

う~ぬ、流石はコンさん、コンセツ丁寧な説明、ありがとうございました。スマン!(ショーもないダジャレのこと)
心より感謝します。
相談してよかった。
訳わからんなりに変換時ややこしいことがあるやろなぁとは思っていたけど、ここまでとは思わなんだ。
とりあえずコンさんのご忠告に従って、eo光になっても、ocnは解約せず、1,2ヵ月は2重払い覚悟の太っ腹路線でいきます。

それから「風のたより」もウエブ版、ブログ版ともご忠告通りファイルしたので、eo光系のプロバイザーで新HPを立ち上げても、アップしてもらえるでしょう。
「でしょう」と云うのは、このHPを立ち上げてくれた名古屋のジュニァに依頼することになるからです。

「風のたより」は俺の記録と言うより、皆さんとの楽しい交流記の様相が濃い状況なので、できるだけ残しておこうと考えています。

今さんが紹介してくれているたくさんのサイトをこれから、しっかり読んで勉強します。
でも、多分ナ~ンも解らんでしょう。
言葉自体分からんのに、内容や手続きを理解するなんて不可能です。
俺には不可能であることを確認して、俺の唯一の自慢である周辺の人材をフル活動させます。
こんさん、あなたもその一人ですぞ。
油断めさるな!


どうも~♪
そうなんですよね!
『風のたより』って私にとっても淡路島の楽しさを実感できたものでした。
楽しまれてるのは書き込みされてる方々だけじゃなく、もっと多くの方々の目に触れて、楽しんでもらえてるものだと思います
是非とも残してくださいませ m(_ _)m

私に出来る範囲の事であればお手伝いしますので、その際にはご連絡下さい。

コンさん、今晩は!

ありがとうございます。
「風のたより」は毎日150程度アクセスがあるのですが、コメントへの反応は少なく、おかしなブログやなぁと言われたことあります。
その、数少ないコメンテーターの一人がこんさんという訳です。

OCNコミデ400というのを紹介してくれた人がいて、これだと月々400円でHP,BBS,Blogともこれまで通り残して使えるということらしいですが、俺の能力では今一理解できません。

今のところ、EOに変更後、できるだけ早く新ブログを立ち上げ、皆さんが認識してくれたころを見計らって(一日アクセス数が150程度で落ち着いたころ)OCN自体を解約しようと考えてます。
「風のたより」は、こんさんのご忠告で全て保存したので、ぼちぼちHPを立ち上げてもらって(EOの宣伝文句では、初心者も簡単に立ち上げることのできるHPなんてのがありましたが、俺は初心者以前やからなぁ)、そこに再アップできたらいいかななんて感じでいます。
また、よきアドバイスをお願いします。