« 風のたより VOL.1055 | メイン | 風のたより VOL.1057 »

2008-09-19

風のたより VOL.1056

ダイエット

風はそれなりに吹いていたけど、雨は全く降らせないまま台風は通過して行きました。多分淡路島には被害はなかったでしょう。まぁよかった。

今夜は今年の天王山対巨人3連戦初戦。選手も、ファンもこの試合の重要さを知っていて、一挙手一投足に歓声の沸く緊張感ある試合だった。負けたけど、とても満足している。この時期、阪神がこんな状況でゲームをしてくれているだけで充分幸せだ。誤解を恐れず云えば、結果的に優勝できなくても、最後の最後まで競り合ってくれたら嬉しいのである。今年で云うなら、例え3連敗くらったとしても、そこから残り14試合で巨人より1試合たくさん勝っていたら最高だし、その逆でもかなり嬉しい。つまり144試合すべて楽しめることが一番嬉しいのである。5月下旬には早消化試合に入り、来年の補強策について思いを巡らせねばならなかった長い低迷時代を知るファンにとって、ここ5年は至福の状態なのだ。

さて今夜もテレビを観ていた訳だが、俺は野球以外の番組を観ることはほとんどないのだが、コマーシャルの間など頻繁にチャンネルを替えてみる。世相を感じるためと言えばいいのだろうか、そんなところだ。その中でダイエットをテーマにした番組をやっていた。野球の方が少しお留守になるほど、興味を惹かれた。実は俺も9月1日からダイエット中で、即取り入れることができるものはないかと思ってのことだ。

42歳の時、高脂血症寸前、総コレステロール危険水域と言われ、さらに腰痛になった。待ったなし、これらを一掃するには減量しかない。その時点で165㎝、74kgだった。ゴルフでお腹が邪魔してボールが見えなくて焦ったこともある。やると決めたら、過激に過激に走る方だ。半年で10kg落とし、後半年で4kg落とし、1年で計14kg落とし所謂標準体重にした。それなりに研究もし、筋肉が痩せたのでは、逆に太りやすい体質になるので、ダンベル運動と腹筋運動をこれでもかこれでもかと続けた。そして一年後の健診結果、中性脂肪もコレステロールもすっぽり基準値内のど真ん中にいた。腰痛は仕事がら無理せざる得ない状況が多いので、ときおり激痛に悩まされた。

それ以来、忘れがちな時期もあったが、ダンベル運動だけは続けてきた。しかし生来の食いしん坊でいつまでも食事制限はやってられない。すぐにぶくぶく太り始めた。それでも週一体重計に乗る習慣だけは続け、69kgを超えた時点でダイエットをはじめ、65kgまで落とすことにした。ダイエットが嫌で、68kg台でとめるようなこすっからいこともした。

淡路島に来てからは、何となく9月をダイエット月間のするようになった。方法は至ってシンプル。

摂食制限:夕食のみ2割減、間食は一切無し、

運動:有酸素運動としてウォーキング(1時間)、ストレッチ(10分程度) 無酸素運動として、ダンベル、腹筋(10分程度)などを適当に組み合わせて、なにから毎日行う。

これで少し辛いのは、間食できない、つまり美味しいお菓子類が食べられないことだが、1ヶ月限定なので何とか我慢できる。これで、1日100g、30日で確実に3kg減ります。

今年も9月1日68,2kg 9月19日(今朝)65、6kgでした。65kgを切ったら今年のダイエットは終了です。即、焼肉とラーメンを食いに行く。楽しみがなければやってられない!

コメント