« 風のたより VOL.1052  | メイン | 風のたより VOL.1054 »

2008-09-16

風のたより VOL.1053

嬉しい嬉しいと・・・

「ゆる~い薬やからね」と医者に言われていた。「効果を期待するほどのもんやないけんね」と解釈し、受け取る時点で薬には興味を失っていた。糖尿病と脳梗塞につながらないなら、少々体がピリピリしったってかまへんわと鷹揚な気分になっていた。ところが、なぜかこんなことだけは律儀な女房が、食後「薬のんだ?」と聞く。「いや、飲んでへん」 30分後「まだ、飲んでないいとちゃうの?」と女房。「そやそや忘れとった」とやっと飲む。こんなことが3日間食後の度に繰り返された。4日目にはもう言葉はなく、食事のときランチョマッチョの上に、さんまの塩焼き、味噌汁、御飯と一緒に、水と薬が置かれてあった。

てなことで、結果として1週間ちゃんと薬を飲み続けることになった。薬効果なのだろうか、ここ数日ハッキリ自覚できる程ピリピリ感は軽減された。う~ん、これは素直に女房に感謝やなぁ。俺一人やったら絶対薬は飲んでないだろう。と同時に町医者にかかったのは、血液検査と尿検査をしてもらい、他の病気の前兆なのか否かさえ分かればいいと考えただけで、このピリピリ感が治るとは全く期待してなかった。この調子ですっかり消えてしまうのかどうか分からないけど、明石医院はなかなか侮れないと思うようになってきた。薬が切れたらもう一度来なさいということだったが、正直もう行く気はなかった。でも、1週間後行って尊敬光線だけは放ってこようと思っている。

午前は、郵便局でNTTフレッツADSLのレンタルグッズを返送した。これで電話もパソコンもNTTさんとは縁が切れたんだなぁ。まぁ、ホームページはOCNに残してあるし、女房の携帯はDOCOMOなので完全に切れたとは言い難いが、通信の主力は関電に移った。すまん!たまには俺だってオヤジダジャレを言いたいときもある。

その後、テレビ代金を支払うため、洲本のみなと銀行でお金を引き出す。俺は淡路島で4つの金融機関とかかっているが、正直みなと銀行が一番愛想がない。ただ、他の銀行が目まぐるしく名前を替えるなか、ここだけそのままなので、実態は何も知らないけど何やら安心感がある。ぐわんばれみなと銀行!

040 午後、テレビにDVD再生機をつなぎ、ビデオプロジェクター用のスピーカー(大小合わせて6個)を繋いだ。正直言うと「俺にできるはずないわなぁ」とダメモトで試みたのだが、これがなんと一発で繋がる。これで映画を大画面と迫力ある音響で楽しめる。やったね!それで調子に乗ってというか、ひょっとして光のチューナーに繋いでみたら、オオッ、テレビ番組も6スピーカーで音がでるではないか。つまり、つまりテレビの音楽番組や映画番組もよりよい音響で楽しめるわけだ。同時に、廃品になりそうなものが脚光を浴びたのが嬉しい。

さて明日はこのテレビの上の2F床に穴をあけ、アンテナコードを通し、コードを目立たないように固定する予定だ。それだけしておけば、後はファーブルパパさんが、古いテレビを2階で観れるようにしてくれるそうだ。つまり、工事に当たる部分を自分ですれば端子や分岐器の取り付けは材料費だけでしてあげるということらしい。嬉しいね。

嬉しい、嬉しいと一日が過ぎてゆく!

コメント

おぉ~~すばらしい!
6スピーカーですかぁ~♪
本格的ですね~♪
着々とすすんでて羨ましい限りですぅ

我が家と来たらまったく動く気配なしσ(^_^;)
切羽詰まってこないと何もしない
何時になったら 購入したDVDが生きるのか(笑)


こんなページ見つけた
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/nousottyu/about.html
薬はしっかり飲んでたほうがええよ~
年齢を重ねたら薬はつきのもやしね!

6スピーカーといっても、低音部以外の5つのスピーカーは10㎝四方の小さいやつだけどね。
でも、それなりの迫力はあって、我が家のような小さい家では十分かな。
まぁ、還暦を迎えた自分へのご褒美ですから・・・

うらんさんの紹介してくれているサイト、そのピリピリが気になってしょうがない時、行き当たりました。
今も、お気に入りに入っています。
俺は元々、医者をあまり信用してないねんけど、自己管理は結構がんばる方やねん。
今、悪玉コレステロールと中性脂肪を減らそうと懸命です。
あ~、腹減った!