« 風のたより VOL.1064 | メイン | 風のたより VOL.1066 »

2008-09-28

風のたより VOL.1065

運動会

7時前に出発するつもりが、7:15になってしまった。いつもなら国道28号線を北上、淡路ICから高速道路に入るのだが、奮発して津名・一宮ICから入った。それでも、大阪・枚方市のOM邸到着9:15、丁度運動会開始時刻だった。やきもきしながら待っていた夫妻と小学校に駆け足。

046 開会式は始まっていたが、タローちゃん(4年)の児童会役員としての出番には間一髪セーフだった。かなり緊張の面持ちだったが、大勢の観衆を前に朝礼台に立ち、はきはきした声で進行役を務めていた。我が家に来た時、親にべったりくっついて甘えているタローちゃんとは思えないほど凛々しかった。

072 桜子(1年)の登場。学年でも一番おチビさんだが、それはそれはしっかり踊っていた。女房はなぜか涙ぐんでいた。桜子は生後3週間から我が家に出入りしていた子だ。「いつの間にやら、こんなに大きくなって・・・」と、俺も感激だった。

109 108 午前最後の演技は5,6年生合同の組み立て体操、ハナちゃん(6年)の出番だ。一人演技から2人組、3人組と進行し、フィナーレを飾るのは巨大ピラミッド。なんとハナちゃんはその頂点に立ったのだ。見事に両手を広げて見せた。カッコイイ!

112 113 午前の演技が終わると、待望のお弁当。昨年まで、子どもたちは教室に入って食べていたのが、今年から運動場で昔ながらに家族と弁当を囲むことになったそうな。エエこっちゃ。2家族で囲むシートに我々も参加させてもらった。もう一つの家族も3人兄弟で全員小学生という構成で、奥さんは何と淡路島・志筑出身でハルボン倶楽部喫茶部にも来たことがあるんやて。世の中狭いね。楽しくて美味しい昼食だった。

考えてみれば、俺達夫婦は自分の子どもたちの運動会を一度も見物したことがない。夫婦とも小学校教師という宿命なのだ。当然、運動会だけでなく、卒業式なども同じだ。さすがに入学式だけは女房が仕事を休んで同席したけどね。

お弁当後「もう帰るの?」と涙目の桜子に後ろ髪をひかれながら(髪はなくてもひかれるんじゃ、ほっとけ)、学校を後にした。

116 女房の実家に向かう。長男夫婦は調理関係の資格試験とかで、女房の実家に天(そら)を預けているので会いに行ったのだ。途中お土産を買う。俺はオモチャを買ってやろうというが、女房は「服の方が実用的だ」という。今回は旧友CK夫妻にもらった指人形があるからオモチャはええか。着いたとき天は眠っていた。眠っている天も可愛い。俺も二夜連続ピザパーティの疲れか、天の横で幸せな眠りにはいる。起きた天と遊ぶ。人見知りされることもなく愛嬌を振り巻いてくれた。ウレピー!

天にバイバイすると、先ほどの桜子と同じで泣き顔になった。これからもっと遊べると思ってたんやろなぁ。これまた後ろ髪ひかれる思いで別れを告げ、寝屋川に向かう。次男夫婦と夕食の約束をしてあるのだ。お嫁さんのトモちゃんのお腹は、今生まれてもおかしくないほどぽっこりと膨らんでいた。赤ちゃんの体重は2200gだと。お腹の中にいる赤ちゃんの体重がわかるんやなぁ。食事して、パイロゲンと新米10kgを渡して別れる。

再度女房の実家に女房を降ろして、俺は一人淡路島に向かう。ワン達は釣りの相棒MR氏が散歩させてくれているので安心だ。二夜連続宴会をこなし、今日は朝から大阪を駆け巡ったいるという正に怒涛の3日間だった。喫茶部無期限休止となっても、暇になるとは思われない。明日からしばらく一人暮らしが続く。このギャップがたまらんねぇ。

コメント