« 風のたより VOL.1050 | メイン | 風のたより VOL.1052  »

2008-09-14

風のたより VOL.1051

最強のコミニュティ

未明から降りだした雨は、起きだすころにはかなりまとまった雨になっていた。しかし、晴れ男は少しも慌てず騒がず、こんなんあと1時間もすれば止むと涼しい顔だ。その通り8時過ぎには黙々とお月見会の準備をしていた。今夜は50人超えそうな勢いなので、人の流れ、料理の量などをイメージしながら、机・椅子・照明を設置する。ピザ窯をBBQ炉に変身させる。そうそうランプシェイド(女房の作品)も点灯しなくてはなぁ。BBQ用具、蚊取り線香などこまごましたグッズも怠りない。ほぼ準備を終えたところにSS夫妻が現れる。続いてYT氏、続いて旧友CK夫妻が現れる。決して疑ってる訳ではないが、なんぜみんな、準備が終わったと同時に現れるのだろう。ホンマ!

SS夫妻の例の肖像画と初対面、凄く喜んでいた。夫妻は、カナダ旅行で撮った写真を解説付きでアルバムにまとめていた。それをネタに話に花が咲く。なんや朝から喫茶部をしているようだ。

連中が引き揚げた後、まぁなんとくーみんさん夫妻が現れる。昨日洲本ネット組と一緒に来れなかったので、挨拶に来てくれたのだ。自身の乳がん手術から間もないし、ここのところ眩暈も酷い上、息子さんも再入院中で、本当に大変な状況なのにねぇ。この人の生き様は凄い。本当は身も心も崩れ落ちそうな状況なのに、踏ん張って踏ん張って、自分のことより家族や、息子さんと同じ病気で悩んでいる人たちの心の支えになることを優先して生きている。素晴らしい人に出会った。でも、どうしてくーみんさんと出会ったのか思い出せないでいる。

午後の喫茶部はわりかし暇だった。まぁ、レギュラー連中は夜のお月見会(またの名をただのご近所宴会)に備えているのだろう。

031 夕方6時、人が集まり始める。我が郷の長老TN夫妻も元気に登場。TN氏は術後初の宴会復帰である。ほんと良かった。

初参加者は

035 怪しい貿易商の長男夫妻と孫のありさちゃん

沖縄県石垣島から引っ越してきたOG夫妻。でもなぜか生粋の関西人

3,4年前から住んでいるのだが、俺も初対面のKT姉弟。KT君は今風の若者だが、琴と三味線のお師匠さんなんやって。面白そう!

後半だが、俺の旧友CK夫妻も来てくれた。

以上初参加者は、お披露目した。

初ではないが、郷外からギャリル「BANYA」のMK夫妻、美容室「ブラン」のSMファミリーも駆けつけてくれた。

039 てなことで結局参加者は、大人46名、子ども7名、計53名であった。なんかすごいね。定住者30%ほどの別荘分譲地においては稀有の最強コミニュティだと自負している。ここに住んで本当に良かった。幸せだ!

030 お月見の雰囲気を盛り上げるため、SS夫妻はちゃんとお膳のようなものにのせたお団子と、近くにはまだ姿を見せないススキの穂を持ってきた。そこにミヨちゃんの作品(陶板画)も置いて、なかなかの祭壇が出来た。

持ち寄られた色とりどりの料理に、初参加者は驚いていた。俺にとっては珍しいわけではないが、やはり逆上してしまい食いまくった。9月に入ってダイエットに取り組み2週間でやっとこさ2kg落としたのは何の意味もなくなった。「ダイエットは明日から」と叫んでみるが、最後に「あ~ぁ」とため息付きだ。

コメント