« 風のたより VOL.1048 | メイン | 風のたより VOL.1050 »

2008-09-12

風のたより VOL.1049

ぼちぼちと

中川原市原の薬師庵で水を汲む。淡路島に移り住んですぐ教えてもらって以来、欠かさず月2ペースで水を汲ませてもらっている。当初は何時行っても誰も居なかったが、数年前から急に増えだし、今は何時行っても何組かいるのが普通だ。今日もそうなのだが軽トラいっぱいにペットボトルを積んできて、一本ずつゆすいで水を入れて行くので、待つのを諦めることさえある。正直水の味など分からないのだが、コーヒーは天然水で淹れてますなんて声高に叫んだものだから今更水道水では淹れ難くなった。ご飯炊き、麦茶などにも使っているが、それで美味しくなったいるかどうかヨー分からん。知らん間に水道水に替えられていても多分気づかんやろなぁ。

ジャスコに車を置いて、海岸線をウォーキング。海水浴で賑わっていた大浜海岸は、すでに海の家の片付けも終わっていた。砂浜には人っ子一人おらず、♪~今はもう秋、誰もいない海~~?と口ずさむが、松林のベンチでおじいちゃんが一人居眠りしていた。困ったやつだ!

1時間しっかり歩いたあと、洲本図書館に行く。元カネボウ紡績工場の古いレンガ壁を残して改築したという、とても素敵な図書館だ。ここも月一ペースで訪れて月刊誌「関西のつり」に目を通す。と言っても葛城修平さん(ハンドルネーム絶考釣さん)の連載記事を拾い読みするだけだ。いつか「俺は有名人に知り合いは一人もおらん」と書いたら「俺!俺!」と言ってきた。確かに、面識ができる前から誌面で名前は知っていて「ええっ、アンナがあの葛城さん?」と驚いたけど、ユーメー人と言われると、あぁそうですか?程度の反応やなぁ。相変わらずよく釣っている。彼は漁師ではないが、ある意味釣りのプロなんだから当然と言えば当然だが、釣れん時もあるやろうに、毎月釣行記を書くのは結構難行やろなぁ。

ジャスコで買い物。明日の喫茶部のケーキ材料だけななんて言っていても、籠はいつの間にかいっぱいになる。「節約とは買い物に行く回数を減らすことだ」と誰かが言っていたけど、まさに名言だなぁ。

午後は、ぼちぼちとお月見会の準備をした。今年の十五夜は、たまたま3連休中日の日曜日とあって、参加者が過去最高になりそうだ。ひょっとしたら夏の大BBQより多くなるかもしれない。BBQは、当然ジュージュー焼いたり、ビールサーバーがあったり、スイカ割り、ドスコイフラチーム公演(そんなエエもんか?)など出し物があったりで退屈しないが、お月見会は持ち寄った料理とお酒をひたすら飲み食いするだけやもんなぁ。誰もお月様なんか観とらんしなぁ。ホスト家としては、これでエエのやろかとも思うが、なるようにしかならん。とにかく集える場のあることが大切だと思っている。

コメント

こんにちは、ハルボンさん
コメントどうしょうか迷ってましたが、敢えて言います。ハルボンさんがすごく楽しみにしてる42型テレビのことなんですが、パナソニックTHー42PZ80フルハイビジョンは明るい部屋では窓が写り昼間は見れたもんじゃないですよ。今のテレビはメンテナンスは必要ありませんし、写りも液晶はプラズマより綺麗ですよ。何よりも昼間テレビを見るのであれば液晶を再考してください。ケイズかヤマダデンキで蛍光灯の写るテレビを確認してください。敢えて憎まれるかも判りませんがよろしく検討お願いします。

ご忠告ありがとうございます。
見比べたことが無いので、俺には何とも言えませんが、すでに発注済みで、15日には搬入される予定です。
明るい部屋では見れたもんじゃないですよと言うのは気にかかるけど、今となっては変更は無理ですね。
経緯はどうあれ、最後は自分で選択決定したわけですから、多少のデメリット受け入れるしかないですね。
今はひたすた「多少」であることを願います。
アドバイスいただいたことは心より感謝申し上げます。