« 風のたより VOL.1042 | メイン | 風のたより VOL.1044 »

2008-09-06

風のたより VOL.1043

おぼろ月夜

体調がよろしくない。

秋花粉症が始まった。4年前からのことなんだが、稲刈りが始まったころからくしゃみが出始め、春のスギ花粉症と同じような症状になり、稲刈りシーズン終了とともに治まることが分かってきた。だから、稲刈りじに発生する粉じんが原因ではないかと思い始めている。秋の花たちよ、これまで疑ってスマン!

足が痛い。手足のシビレは血行障害だろうから運動すれば改善するだろうと、8月は暑い中何度かハードなウォーキングをした。成果はあったようで、シビレ感は軽減されたように思う。ところが、靴下がびしょびしょになるほど汗をかいたせいか、どうも足指間に水虫が発生したようだ。60年間水虫とは無縁だったのにねぇ。それでも無視してウォーキングを続けたら、小指付け根の外側が炎症を起こし、今は犬の散歩も辛い状態だ。ウォーキング出来なくなったらシビレ感は元通りになった。ヨワラーよ!

周りの連中からは、脳梗塞だ、糖尿病だ、椎間板ヘルニアだといろいろ脅かされ、もうすぐ年金貰えるのに残念やったなぁなど死亡必至重症説も飛び出す始末だ。

今日の喫茶部も、廃部間近にしてはエライ繁盛だった。2日分の予定だったケーキも完売した。さて明日の分を作らんといかんなぁと話していたところに、ご近所宴会のお誘い。俺は体調悪いし、女房はケーキを焼かねばならんし、今夜は残念するかなとの思いも頭をよぎったが、「今夜、7:00、AS邸」と告げられただけで、不参加などあり得ないという確信に満ちたものだった。

いつものメンバーで宴は進む。途中、ナースが言った。

「何や、病気の話ばっかりやなぁ」

そういえば、俺はシビレがピリピリ、水虫カイカイ、コマロ氏はヘルペス痛痛、YT氏は突発性難聴で投薬中、花ちゃんはコレステロールのチャンピオンや!と息巻くし、YT夫人はめまいで、初めてMRI検査をしてきたと自慢していた。

ほんまやなぁ、話題を変えよう、明るい未来の話をしようと、俺は建設的提案をした。

明るいと言えば、OK氏、だいぶ毛が生えてきたなぁ。彼は、何とか言う毛はえ薬を投薬し始めて1年ほどになる。

髪と言えば、あんた髪染めてるの?わたし染めんと真っ白やで!

みんな、サプリメントなんか服用してんの?

コラーゲンを飲もうと買ってきたけど、一回に12錠飲めと書いてあるねん。そんなんコラーゲン錠剤のおむすび食べてるようなもんやから、モー止めた。と女房。

私、ビタミンCを取るようにしてるねんとOK夫人。ビタミンCは獲り過ぎてもアカンねんで、カルシュウムと一緒に摂らなぁ、ナースがナースのようなことを言った。

なんてことで、明るい未来の話はなかなか難しいので、カラオケに移行。

「えー、今日は普段歌っている歌は歌えないということでいきます」とナースの提案。みんな、こんなん歌えるかなぁなんてことで始めるが、若いころ覚えた歌は結構覚えているようで、青春歌謡ショー状態となる。

それでも歌は尽きてきて、これなら歌えるといっちゃんが選んだのは唱歌「おぼろ月夜」。

これなら、ハモれるとYT氏が言いだした。私も、私もと、YT夫人、コマロ夫人。じゃ二部合唱にしよう。とりあえず練習を一回。おおっ、なかなかエエやないか。こういうとき優れたリーダーシップを発揮するのが俺だ。すぐさま、高音部と低音部に分け、酔っ払いを黙らせ、俺は指揮棒(割りばし)を構える。さすが2度目、かなりバッチリ決まる。拍手が巻き起こる。おおっ、まさか唱歌で盛り上がるとは思わなかった。誰一人指揮者をみていなかったのが少しきがかりだが、今年の忘年会にエントリーすることに決定した。

思えば、6年前の「カエルの歌」輪唱以来の合唱だった。

前期高齢者集団の夜は更けゆく!

コメント