« 風のたより VOL.1061 | メイン | 風のたより VOL.1063 »

2008-09-25

風のたより VOL.1062

重いね!

巨人戦3連敗以後3勝1分け、数字だけ見れば最高のりスタートなのだが、なんか重たいねぇ。崖っぷちで踏ん張っているとも云えるが、もう選手は疲れてヨレヨレという感じだ。今日の阪神ー横浜戦はBS-1の放映のみで、光にしといて良かった。前の共同アンテナではちゃんと映らない日の方が多かったのだ。そして今夜初めて気がついたのだが、BS-iでは広島ー巨人戦を放映していた。NHK以外のBS放送って、再放送やショッピング番組だけと思っていた。交互に観て楽しんでいたのだが、巨人13連勝ならずで1ゲーム差つけることができた。広島君、ヨー頑張った。クライマックスシリーズに出てらっしゃい。俺っち、そっちには関心ないから日本シリーズに行ったって構わんのよ。

それに、NHKハイビジョンなんてーのも今日初めて観た。奄美大島の黒ウサギの生態を追うドキュメンタリーは良かったなぁ。ハイビジョンで観る景色は最高やねぇ。女房とのバトルを制して42型テレビにしといて良かった。テレビオタクになりそう。

光といえば、今朝、市役所に行った。「光ファイバーテレビ等普及促進助成金」なるものをいただく手続きのためだ。役所の中に「情報課」なるものがあるのも初めて知った。広い会議室に通され、若い職員が付きっ切りで書類作成を手伝ってくれた。と言っても住所氏名、口座番号を記入するだけだった。添付資料の工事終了確認書は向こうがコピーしてくれた。確かにお役所的対応ではなく、気分は大変によろしかった。5分足らずのことだが、これで18300円の助成金がおりるというのだから、所得税を払ってない身としては、なんや申し訳ない気持ちだ。おりたらすぐ宴会費として活用しなくてはならない。

役所に行く前、津名西警察署で運転免許証の更新手続きもした。ここでの更新は3度目だが、過去2回とも俺の前におじいちゃんがいて、それはそれは楽しませてもらった。淡路島万歳と叫んだものだ。

1回目 視力検査

「おじいちゃん、これ見えるか?」  「見えん!」

「ほな、これは?」  「全然分からん」

「右左、上下、なんかユーてみ」  「わからん」

「わからんかぁ。今日は調子悪いなぁ。明日おいで!」  「そうするわぁ」

2回目 書類記入

「おじいちゃん、住所は?」  「分からん」

「名前は?」  「う~ん、なんやったかいなぁ」

「あんたの地区なぁ、同じ名字の人が2人おるねん。下の名前分からんかなぁ」  「さぁ、分からん」

「今度、家族連れておいで」  「おったかなぁ」

今回も非常に期待して行ったのだが、俺が手続きしている間、誰もこんかった。残念!

残念と言えば、2回連続ゴールド免許証だったのに、今回は違反が一回あった。新免許証を受け取る時に、1時間講習を受けなければならないんやと。ちゃんと罰金払ったんやから、その時点で帳消しにすべきやと思いませんか。それに、あの時のやり取りを思い出して、また腹立ってきた。ほとんど人通りのない時間に、わざとらしく一時停車違反取締りをしてからに、善良なる市民に対する嫌がらせとしか思えない。俺は、確かに停止はしなかったけど、超スローモーにスピードを落として、ゆっくり左折した。あの運転で100%事故などあり得ないと今でも確信している。なんやチューねんなぁ。それまで、淡路島の警察、大好きやったのになぁ。

コメント

ハルボンさん、お久しぶりです!夏休みはお邪魔しました。短い時間でしたが、いろいろと生の情報を知ることができて、本当によかったです。ありがとうございます。台湾に戻ってくると日々の仕事をこなすのに精一杯でなんの準備もリサーチもできずにいます。でもこちらのブログは欠かさず読ませてもらってますよ。

津名西警察署、私も行きたいです!そんなお笑いライブが見れるなんて!私、思うんですけど、おもろい人はおもろい人を呼ぶんですよ(笑)。それにしても、この視力検査と書類記入のおじいちゃんは同一人物じゃないですよね?いやぁ、淡路島、ダイヤモンドの原石みたいなおじいちゃんがあちこちに潜んでいそうですね。発掘してください!ぜひ!

なかちゃん、今晩は!
子育て真っ最中の暮らしは、誰しもあわただしいものです。
特になかちゃんのように、妻、主婦、母親、仕事と一人何役もこなさなければならない状況だとなおさらです。
我が家も20数年前は同じような状況でした。
でも、なかちゃんとこは、そんななか台湾から淡路島に移住しようというのですから、さらに大変やねぇ。
でも全ては自分たちの夢の実現なのですから、がんばれますよね。

今夜は我が家でピザパーティでした。
明日はメンバー換えて第二弾です。
来年の今頃は、なかちゃんファミリーも参加してるかもしれませんね。
楽しみやなぁ。