« 風のたより VOL.1078 | メイン | 風のたより VOL.1080 »

2008-10-12

風のたより VOL.1079

いい夫婦?

岡田監督の辞意は固いようですねぇ。リーグ優勝できなかった責任を取るというより、性も根も尽き果てたというのが正直なところじゃないでしょうか。13ゲームを跳ね返されたショックは大きいわなぁ。CSシリーズは指揮をとるということですが、岡田監督も俺と同じで、こちらにはあまり重きを置いてないようです。大いに共感します。まぁ、ゆっくりお休みください。しかし、新監督は誰なんでしょう?誰がいいと思います?

さて、昨日(土曜日)は、日中ずっと家に居たので、喫茶部廃止を知らず1人くらいやってくるかなと予想していたが、誰も来なかった。今日(日曜日)も、草刈を終え3時のコーヒーブレイクしましょうというところまで誰も来なかった。喫茶部廃止は意外とすんなり知れ渡ったようやなぁ。そんなところにひょこっとfukujuが現れた。彼女は我が郷のすぐ下の漁師の女将さんだ。喫茶部廃止は知らず驚いたようだが、彼女にはもう一つ用があった。地域のミニコミ紙の編集をしてるとかで、11月22日の語呂合わせで「いい夫婦」というコラムがあり、俺達夫婦を載せたいということだ。

彼女の目論見としは、妻自作のコーヒーカップと、夫のブレンドした豆で淹れたコーヒーで近所の人をもてなしてるなんてスチエーションを紹介したかったらしい。しかるに「喫茶部止めた」「俺んとこはいい夫婦なんてほど遠いで~」なんてあっさり言われるもんでガックリやわなぁ。しかし、ほかならぬfukujuさんのことだ、取材拒否なんてできないよなぁ。で、俺達夫婦が淡路島に移住して楽しく暮らしているのは事実なので、俺なりの分析、持論を話した。

「一人で楽しむ時間」「夫婦で楽しむ時間」「夫婦で大勢に交じって楽しむ時間」をバランスよく配分すること。

耳にした情報を元に、尻軽に足を運ぶこと。その折、できるだけ人を誘うこと。誘い誘われるという関係を大事にすること。

いろんな形で発信すること。発信すれば必ず反応がある。願えば叶うプラス思考が大事。

淡路島の良さを一番よく知っているのは、われわれ移住者ではないか。地元の人は、淡路島の良さを再認識でべきだ。

なんてことを、エラソーに2時間しゃべった。スマン!暇やってん。

3連休の2日目、3日目は何の予定もないねん。予定はないけどすることはようけいおます。それが楽しい。

そうそう、いい夫婦といえば、スーパー「リベラル」で卵1パック貰ったことがある。俺たちは知らなかったのだが、毎月22日は夫婦で買い物に行くとサービスやねんて。「あんた、今日は夫婦でいくと卵貰えんねん。付いておいで!」なんて夫婦の会話がありそうな・・・・

どこかの温泉施設で22日は夫婦半額というのもあったように思うなぁ。

パルシェは、たしか、金曜日がカップル半額やったなぁ。「夫婦、カップルは半額です」と案内があったように思うが、夫婦はカップルなんやからあえて夫婦は書く必要ないと思うねんけどなぁ。しかし、カップルやったら何でもエエというのもこまるなぁ。オッサン同士のカップルは気持ち悪いし、オッサンが若い女の子を連れてたりすると腹立つしなぁ。

コメント

先日は突然にお邪魔しまして 美味しいコーヒーごちそうさまでした。
今 自分なりに文章をまとめて、ここにお邪魔したらちゃんとまとめてくださってるじゃないですか(笑)
もっと早くにここに来ていればよかった~~
でも お二人のフットワークの良さにも驚きましたが、他の友達夫婦を誘う事によって 2倍3倍にも人間関係の輪の広がるスピードが早くなるという事もとても参考になりました。
「発信することで 反応がある。」この言葉もとても勉強になり、楽しい時間を過ごす事ができました。
ありがとうございました。

fukujuさん、オハヨー!

この前はだらだらしゃべってまことにスマン!
我々が淡路島暮らしを楽しんでいることを発信する一つの機会ととらえて、ついついしゃべり過ぎてしまいました。
どのような形にしろ、淡路島のプラスイメージに繋がれが嬉しく思います。
また、時間があれば気軽にお茶しにきてください。