« 風のたより VOL.1080 | メイン | 風のたより VOL.1082 »

2008-10-14

風のたより VOL.1081

未明から降り始めた雨は、結局夕闇迫る頃まで降り続いていました。予報通りです。今日予定していたピザ・ランチ会は昨夜のうちに延期連絡しておいてせシェーカイだった訳だ。ハルボン倶楽部主催の野外イベントで、雨の影響を受けるのは初めてのことで、晴れ男伝説はいとも簡単に崩壊した。しかし、これは表面的なことで「密かに、俺はホンマモンの晴れ男だ!」と確信を深めている。これまで雨の予報の中「絶対大丈夫!」と強行してきたイベントはことごとくセーフ、これはこれで晴れ男伝説の所以であるが、今日のように「明日は絶対降る。前日中に中止連絡を入れよう」と判断し、その通り降る。結果、最低限の迷惑を掛けるだけで済ませることができた。「雨が降っているから中止します」なんて誰でもできる。俺は、晴れ男というより、お天気予想の天才だと思う。なんて、どんなときにも自己弁護を忘れないオッサンは可愛い!

一日雨が降ると一日何もすることがない困ったオッサンだ。それで、仕方なく共済年金請求書類を作成することにした。正しく誕生日の22日に記入しようと思っていたというのは建前で、本当はこのような手書きの書類は大の苦手で、先延ばししていただけだ。といっても、書類を書くのだ~い好きなんて人もあまりいないだろうなぁ。いるのかなぁ。女房に言わせれば「私のとき(昨年)より、メッチャ簡単になってるやん」ということらしい。その通りで書き出せば30分程で終わった。後は振込先の銀行で認証印を貰うだけだ。

本当は国民年金も先取りにして同時に入るようにしようと考えていたのだが、無収入からプラスに転向するのだからまぁいいかと、こちらは正しく65歳から支給を受けることにした。なんとか74歳まで生き延びて損はしないようにしよう。

審査・決定に2ヶ月かかるそうだが、俺のような公立学校共済のみ29年間という単純な経歴に何でそんなに長いことかかるねんと思う。ということは決定が12月下旬、支払月は偶数月というから、初振り込みは来年の2月ということになるのかなぁ。そうなれば当然4ヶ月分振り込まれるはずやよなぁ。この4ヶ月分というのが微妙で、すでに俺は年金を見込んで先食い(ピザ窯の作成、大型テレビ導入)している。11月下旬には恒例の還暦者(今年は3名)主催のお祝い宴会(てっちり、てっさ)を主催することになっている。これらの先食い費用が、丁度4ヶ月分くらいだと思われる。密かに自分にプレゼントしようと思っていた釣り竿もやばいなぁ。

それより、いよいよ年金暮らしなんて言っているけど、本当に年金だけで暮らせるんやろか?俺達夫婦は早期退職で、ここまで退職金で食いつないできたのだから、後は年金頼りやもんなぁ。質素倹約粗衣粗食でいくしかないなぁ。まぁそれも楽しそうだ。許された条件の中で楽しく生きていくさ!

コメント