« 風のたより VOL.1079 | メイン | 風のたより VOL.1081 »

2008-10-13

風のたより VOL.1080

晴れ男伝説の終焉

084 088 今日は正に秋晴れ、気持のいいお天気でした。晩秋の名月は明日ということですが、今夜もこんなきれいなお月様が出ていました。ネットで13000円で買ったデジカメなのに、前の3万円のやつよりよく写る。ドーユーわけよ!

しかし、先ほど天気予報を見て驚いた。明日は一日雨、お昼頃が一番強く、雷を伴うでしょうやって。ええっ、週間予報では晴れマーク続きやったので全くの寝耳に水や!

明日はピザ窯お披露目パーティ第三弾ということで、ふれあい工房SO夫妻と郷外の友人合わせて10人程招待してあるのにナンテーことだ。買い物も済ませ、窯や椅子・テーブルなど準備万端整えたところなのに・・・・。晴れ男伝説をほしいままにしてきた俺だが、これまでは雨の予報があっても、何となく大丈夫というカンのようなものが働いて、ゴーサインを出していた。しかるに、今回は全く逆のカン、つまり確実に降るとしか思えないのだ。

で、早々とあくる日に延期と連絡を入れた。しかし、これまた素晴らしいというか、みんな暇というか、全員かまわないということだった。それどころか「もう一人連れて行っていい?」なんてことで人数が増えた。一人でもその日はアカンねんなんて言われると気が重いのだが、ホント良かった。しかし、我が家の企画が雨で延期になるなんて何時以来なんやろ?晴れ男伝説の終焉は思いがけずやってきた。

Photo夕方、さぁ、ワン達のお散歩だ!と外に出たところに、SS夫妻が現れた。なんと、アート山大石可久也美術館主宰者夫妻を伴っている。あれは春だったかなぁ、SS夫妻に連れられて美術館を訪れた。大石夫妻お二人ともおられて、木陰のテーブルでお茶を御馳走になった。その情景が絵として頭の中に残っている、素敵な午後だった。

我が家のデッキで、黄昏時の海を眺めながらしばし談笑。夫妻とも画伯呼ばれる人なのに、気さくな人柄で話が弾む。時間がなくお茶をお出しする間もなかったけど、今度は是非我が家の宴会に参加してくださいとお別れした。

そうそう、今月25日は、アート山でフリーマーケットが行われるようです。美味しいパン屋さんも出るそうで、早くいかないとすぐ売り切れるそうです。

「アート山大石可久也美術館」で検索してみてください。

コメント